top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

猫は相手によって態度を変えている?人のタイプ別に考えらえる5つのケース

ねこちゃんホンポ

人のタイプによって態度を変える猫の5つのケース

1.お世話をしてくれる人には「甘えん坊」

猫は自分の身の回りの世話をしてくれる人を認識しています。そのような人は、猫も自分に対して敵意がないことが分かっているので甘えん坊に♪

膝の上に乗ってきたり、スリスリを欠かさずやってきたり可愛らしい一面をたくさん見せてくれるでしょう。

2.優しい人・静かな人には「デレデレ」

猫は静かに過ごしている人や関わり方が丁寧な人が大好き。そのためそのような人には、猫もうんと可愛がってもらおうとします。

片時も離れたくなく、その人がいなくなると寂しくて鳴く猫もいるようです。

3.興味のない人は「無視」

猫は、好きでも嫌いでもない人には基本的に「無視」するスタイル。もちろん名前を呼んだところで振り向いてはくれませんし、おもちゃで遊びに誘っても無視されてしまうでしょう…。

広告の後にも続きます

ただおやつを持っていれば話は別です。猫にもよりますが、おやつをあげるときだけは近くに寄ってきてくれることもありますよ。とはいえ、食べ終わるとまたどこかへ行ってしまうパターンがほとんどですが…。

4.見下している人には「ツンデレ」

自分よりも立場が下と認識していると、「ツンデレ」のような態度を取る傾向があります。

というのも、たとえばお世話をしてくれる人や優しく静かな人がいれば、基本的に見下している人には塩対応ですが、ほかに甘える人がいない場合は「しょうがないからこの人に甘えるか…」といった感じですり寄ってきます。

猫にとっては「とりあえずナデナデしなさい」といった自分の気分に合わせて振り回しているだけですが、その人にとっては「ツンデレだな♪」と可愛く思うことでしょう。

5.嫌いな人からは「逃げる」

猫は大きな声を出す人や動きがガサツな人が大嫌い。そのような人は自分に危害を与えるのでは?という不信感から、逃げていきます。

その人がその場から動かない限り猫は隠れ家から出てきません。我が家の猫の場合、どうしても出なければいけない状況に陥ると、低姿勢・速足でそそくさと忍者のように通り過ぎていきました。

猫と仲良くなるためのコツは?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル