top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

愛猫が楽しみにしている7つの「生きがい」幸せな毎日を送らせてあげるために取り入れてみて!

ねこちゃんホンポ

1.「狩り」のマネをしてあそぶ

猫が狩猟本能を満たすことは、とても重要な役割を占めています。猫の習性は狩猟本能に基づいているため、室内飼いの猫でも狩りの機会は心身ともに満足できる、文字通り「生きがい」になります。

狩りといっても、本物の小動物を捕らなくてもよいのです。ネコじゃらしで遊ぶことも、猫は狩猟の本能を発揮し、達成感を味わえます。ポイントは、動くおもちゃを追いかけて捕まえることです。

ネコじゃらしを手に持って振ってあげれば、愛猫は大喜びするでしょう。遊んであげる時間がないときには、自動で動くおもちゃやワイヤーの形状記憶を活用したおもちゃを用意するとよいでしょう。猫のひとり遊びに最適です。

2.知っている場所の知らないところを「探検」する

猫は「探検する」ことも大好きです。たとえば、ふだんは入れないクローゼットや押し入れなどに入り込むと、興奮が収まるまでガサゴソ奥に進んでいくでしょう。

実はこれも猫の狩猟本能に基づいています。

広告の後にも続きます

野生時代、猫が狩る獲物の多くは小動物でした。小動物は茂みの中の地面に穴を掘って巣をつくるため、猫は日常的にそのような場所を探していました。そして、長く続いた探検の習慣は、現代の猫にも猫の習性として引き継がれているのです。

もし愛猫に「探検」をプレゼントするなら、クローゼットに入れるよりは紙袋やキャットトンネルを与えたほうがよさそうです。

3.いつも「おいしいもの」を食べたい!

おそらく多くの家庭で猫の食事にはキャットフードを与えていることでしょう。総合栄養食のドライフードは保存性が高く、むずかしい栄養バランスの計算も不要でとても便利です。

しかし、そのキャットフードが「おいしい」かどうかはまた別の話。猫が食べるときには、嗅覚、味覚、触覚(歯ごたえ)でおいしさを判断しますが、すべてが好みにあった食事は猫の満足度を引き上げてくれます。

しかし、毎日の食事では、すべてのわがままを聞いてあげるわけにもいかないでしょう。そこで、愛猫が「特別おいしい」と思うものをみつけてあげてください。あの有名なオヤツが好きかもしれませんし、ゆでたササミが好みかも知れません。それがたまのご褒美であっても、特別なものを食べる喜びはきっと猫を元気にしてくれるでしょう。

4.のんびり「毛づくろい」をして過ごす時間

猫がのんびりと毛づくろいをする様子は、見ている飼い主にとっても癒しの時間のひとつでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル