top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

Spotify、2023年を振り返る年間ランキング発表 YOASOBI、藤井 風、ミセスら各部門首位に

Real Sound

 Spotifyでは今年初めて、日本の音楽が特に顕著に聴かれている6つの国について、それぞれにおける国内楽曲の再生回数ランキングを発表。アメリカ、ブラジル、インド、インドネシアで藤井 風「死ぬのがいいわ」が1位となり、フランスでは「KICK BACK」、韓国ではYOASOBI「アイドル」がそれぞれ首位を飾った。

 imase「NIGHT DANCER」は、世界的なバイラルヒットの起点となった韓国とインドネシアで2位となった。同楽曲は、36の国と地域のバイラルチャートにランクインしており、韓国と台湾ではそれぞれ1位と2位にまで上昇。

 70年代にリリースされた楽曲で今年最も再生されたのは、大貫妙子「4:00 A.M.」、80年代は泰葉「Fly-day Chinatown」となり、シティポップの名曲が引き続き世界で人気を博していることを示す結果となった。90年代は、世界配信されたNetflixのオリジナルドラマへの起用でも話題となった宇多田ヒカルの「First Love」が1位となった。

 さらに、世界中のユーザーがSpotify上での聴取履歴から自身のこの一年を振り返ることができる年末恒例企画「Spotifyまとめ 2023」も公開。今年最も聴いたアーティストや楽曲、音楽ジャンルのほか、音楽再生時間、最も聴いたポッドキャスト番組などのデータをSpotifyアプリや特設サイト「Spotifyまとめ 20223」にて楽しむことができる。結果はシェアカードとしてインスタグラムのストーリーや、X、フェイスブックなどのソーシャルメディアで共有することが可能。今年よく聴いた曲を集めたパーソナライズされたプレイリスト「My Top Songs 2023」も楽しむことができる。

 今年は初の試みとして、世界のトップアーティストからファンへの感謝を込めて、Spotifyトップリスナー限定グッズを「Spotifyまとめ2023」期間限定でオファーする企画も。日本からはXGが参加する。対象となる参加アーティストのトップリスナーには、期間中Spotifyアプリ上で限定グッズの案内が表示される。

広告の後にも続きます

 そして、「Spotifyまとめ 2023」の公開にあわせて、12月1日から3日まで渋谷アンテナ21にて「Spotifyまとめ2023 ポップアップイベント」も開催される。

(文=リアルサウンド編集部)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル