top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

Spotify、2023年を振り返る年間ランキング発表 YOASOBI、藤井 風、ミセスら各部門首位に

Real Sound

Spotify 2023年年間ランキング

 オーディオ・ストリーミングサービスSpotifyが、2023年の音楽や音楽コンテンツシーンを振り返る世界と日本のランキングを発表した。

(関連:Vaundy、SpotifyとテレビCMで再タッグ ストリーミング時代を牽引してきた両者の歩み

 今年、世界で最も聴かれた楽曲は、再生回数16億回を突破したマイリー・サイラスの「Flowers」。また、テイラー・スウィフトが世界で最も聴かれたアーティストとなった。

 国内で今年最も再生された楽曲はYOASOBIの「アイドル」に。同曲は国内楽曲として史上最速で2億回再生を突破したほか、2023年4月14日から7月21日にかけて3カ月以上にわたりSpotify Japanのデイリーチャートで1位を独走。また、5位 Tani Yuuki「W / X / Y」、9位 優里「ベテルギウス」、10位 Saucy Dog「シンデレラボーイ」は、いずれも2年連続でトップ10にエントリー。

 国内で今年Spotify上から最もSNSにシェアされたアーティストはJO1。2位はBE:FIRST、3位はINIが続き、昨年同様に強いファンダムを持つアーティストが上位を占めた。

広告の後にも続きます

 国内で最も聴かれたアーティストはMrs. GREEN APPLE。結成10周年を迎えた同グループは、今年1月にSpotifyでの総再生回数が10億回を突破した。2位はVaundyで、昨年6位から躍進をみせた。トップ10のうち7組が2年連続でエントリー。楽曲がヒットすると長く聴かれ続け、同じアーティストの他の曲も同時に聴かれるようになっていくという、ストリーミングの特徴を反映した結果となった。

 国内で最も聴かれたアルバムは、2年連続で優里の『壱』、2位はVaundyの『strobo』。いずれも2022年以前にリリースされたアルバムがランクインした。3位のMrs. GREEN APPLE『ANTENNA』は、アルバム収録曲の合間にアーティストが作品について語るトーク音声を収録した、Spotifyだけで楽しめるオリジナルプレイリスト『Liner Voice+』も公開されている。

 海外で最も再生された日本の楽曲は、2年連続で藤井 風「死ぬのがいいわ」となり、2位にはYOASOBIの「アイドル」、3位には米津玄師の「KICK BACK」、4位にはimaseの「NIGHT DANCER」が続いた。

 「死ぬのがいいわ」はSpotifyでの総再生回数が4億7,000万回を超え、国内楽曲としてはYOASOBI「夜に駆ける」に次いで4億回再生を突破。3位の「KICK BACK」はアメリカを筆頭に海外でも広く聴かれ、2022年10月には、世界で一日に最も再生された楽曲ランキングである「トップ50 – グローバル」に国内アーティストとして初めてチャートインした。海外で最も再生された国内アーティストの楽曲ランキングでは、これまでアニメ関連の楽曲がトップ10の過半数を占めていたが、今年はトップ10のうち7曲がアニメ関連以外となった。

 今年海外で最も再生された日本のアーティストは3年連続でYOASOBIとなり、2位に藤井 風、3位XGが続いた。YOASOBIは、「アイドル」の他にも「夜に駆ける」が2021年より3年連続で「海外で最も再生された国内楽曲」でトップ5入りしており、国内のみならず海外リスナーにも長く聴かれ続けている。3位のXGは、「SHOOTING STAR」や「LEFT RIGHT」が世界各地でバイラルヒットを記録し、世界中で315万人以上がフォローするSpotifyの公式プレイリスト『Pop Rising』でも、国内アーティストとして初めてカバーを飾った。 

 今年海外で最も聴かれた日本のSpotify公式プレイリストは『Anime Now』、2位『This Is STUDIO GHIBLI -スタジオジブリ-』とアニメ関連が上位を占めた。3位には、Lo-Fi・チル系の楽曲を集めた『Mellow Beats』、5位には、日本の音楽の魅力を世界のリスナーに紹介する目的で今年5月にリリースした『Gacha Pop』が早くもランクイン。アニメだけでなく、日本のクールなポップカルチャーに関心が高まっていることが伺える結果となった。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル