top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

板垣李光人、道枝駿佑“ゼロ”の右腕的存在に「ゼロと渾一の不思議な関係をディスカッションしながら作っていきたい」<マルス>

WEBザテレビジョン

板垣李光人が、2024年1月スタートの道枝駿佑(なにわ男子)主演ドラマ「マルス-ゼロの革命-」(毎週火曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に出演することが解禁され、板垣からコメントが届いた。

■板垣李光人”渾一”が、道枝駿佑“ゼロ”に出会い救われ右腕的存在に

同作は、ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)を手掛けた脚本家・武藤将吾氏が、3年ぶりに描く完全オリジナル作。道枝演じる謎多きカリスマ転校生・ゼロに導かれた落ちこぼれ高校生たちが“マルス”という動画集団を結成し、令和の日本をぶっ壊し、大人社会に反旗を翻していく、爽快な新感覚青春ドラマとなっている。

この度、6日間連続で物語の重要なパーツを担う“マルス”のメンバーを発表。第1弾は、板垣李光人。ゼロ(道枝)の右腕的存在となる逢沢渾一役、通称「アイコン」を演じる。

板垣が演じる逢沢は、高校でいじめられ、唯一の拠り所だったSNSでも居場所を失い、自殺しようとしていたところをゼロ(道枝)と出会って救われる。最初はゼロの過激な言動に戸惑うが、同時にこの男なら本当に現実を変えられるかもしれないという期待を抱いていく。優柔不断だが、人の痛みがわかる優しい性格の持ち主だという。

■板垣李光人コメント「渾一は視聴者の共感を呼ぶことができるポジション」

――「マルス」への出演オファーを受けた時の感想はいかがですか? また、企画書や脚本を読んで、どのようなイメージを持ちましたか?

一般的な青春、学園モノとはまたひと味違った面白い作品だなと思いました。それと同時に自分がこの作品に携わることができるということに、とても高揚感を感じたのを覚えています。個人的には平川雄一朗監督とまた作品をつくることができる、というのも胸が熱くなるポイントでした。

現代の高校生はネットもスタンダードになる中で、なかなか他人に関心がなかったり、いかに平穏に世の中を漂うかというところに重点を置いている方も多いと思いますが、そんな皆さまにも刺さるようなアツい作品になっているのではと思います。

――逢沢渾一という人物をどんな風に演じたい、と今イメージしていますか?

渾一は視聴者の共感を呼ぶことができるポジションだと思っています。心の幅を大きく、皆さんを惹きつけていきたいです。キャラクターとしては自分の世界にこもるようなところは自分と近しいなと感じており、演じる上での共鳴はとても楽しみにしています。

――今作の脚本を手掛けるのは「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」などで知られる武藤将吾さんですが、武藤さんの作品へのイメージや、今作で楽しみにしていること、期待していることがあれば教えてください。

若さを通して、社会へメッセージを投げかけるアツさが魅力的だなと思っています。今回、【マルス】という、ネットを通してどう物語を紡いでくださるのかはとても楽しみです。

――主演の道枝さんの印象はいかがですか?

プライベートでも仲良くさせてもらっていますが、今回の零(ゼロ)という役を彼がどのように魅せてくれるかとても楽しみにしています。普段の関係値も活かしつつ、零(ゼロ)と渾一の不思議な関係をディスカッションしながら作っていけたらと思っています。

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル