top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

THE RAMPAGE 川村壱馬、RIKU、吉野北人 「3人だけで飲んだ」レアな夜の思い出  映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』

TOKYO HEADLINE

 THE RAMPAGEのボーカルの川村壱馬、RIKU、吉野北人がトリプル主演を務める映画『MY (K)NIGHT マイ・ナイト』が12月1日に公開される。3人は心に傷を負った女性を癒す“デートセラピスト”として、それぞれの一夜限りの物語を彩っていく。また、映画の主題歌の『片隅』もTHE RAMPAGEが担当。刹那を演じる川村、イチヤを演じるRIKU、刻を演じる吉野に映画トリプル主演を果たす気持ちを聞いてみた。

――3人での映画の出演が決まった際の感想は?

川村「2〜3年前からお話はいただいていて、出演させてもらうのも決まっていたんですが、最初は今作みたいに長編映画になる予定ではなかったんです。どうなるんだろうと思いましたが、台本が届いて読んでみると“3人の物語が交錯するんだ”って長編作として上手に落とし込まれている印象を受けました」

吉野「壱馬が言うように3人で映画に出るのは決まっていたんですけど、どういう形で、どのくらいの規模感でとか、詳細は分からなかったんです。“どんな作品になるのかな?”とは思いましたが、監督の中川さんが作り出す作品だからそこは安心していました。設定もデートセラピストという聞きなじみのない職業でしたけど、それを3人でそれぞれ演じることで今までにない作品になると思ったし、僕は楽しみでした。実際に撮影してみると現場の雰囲気も良かったし、中川監督とも意気投合する部分があったりして、素敵な作品に恵まれたなと思います」

RIKU「僕は映画のお話をいただけたこと自体はすごくうれしかったんですけど、同じくらい不安もありました。今回、映画に出させていただくのが初めてだったし、相方たちと主演として並ぶのを考えた時にチームに与える影響を考えてしまって、怖いと思うこともありました。その不安を補うためではないですが、映画の話が決まってからけっこう時間が空いたので、ミュージカルや舞台で経験を積み、撮影までの時間を無駄にしないように過ごしていました。ちなみに昨日、今日と試写会を開催してすごくありがたい反応をいただけたので今はほっとしています」

――映画の主題歌の『片隅』は小竹正人さんが作詞を手掛けています。実際に歌ってみていかがですか?

川村「最高です。曲の雰囲気も令和っぽくない感じが映画にハマっていると思いますし、レコーディングの際は余計なことは考えずに歌っていたと思います。過去に僕らのグループの楽曲の作詞をしてもらったこともあるんですが、今回は3人の主演映画の主題歌ということなので、この先も大事に歌っていきたいです」

広告の後にも続きます

RIKU「『片隅』を小竹さんに褒めてもらったんですが“歌詞を書いてもらった人に褒められるのってこんなうれしいんだ”って感動しちゃいました。数々のヒット曲を世に送り出してきた方にそう言ってもらえるなんて、歌手としてこんな幸せなことありません」


――小竹さんは映画については何かおっしゃっていましたか?

川村「“めちゃくちゃ!めちゃくちゃ良かった!小竹の主演男優賞あげる”って言われました(笑)」

RIKU&吉野「あはは!」

――劇中でそれぞれが演じたKNIGHTっぷりはいかがでしたか?

RIKU「僕が頭で思い描いていたデートセラピストがまさに刻でした。お相手と一緒に水上タクシーやニンニクマシマシラーメンを食べに行かなかったとしても、刻ならその存在だけで女性をめちゃくちゃ笑顔にできそうですよね。でも、個人的に今まで北ちゃんが演じた役の中で1番北ちゃんっぽさを感じない役だと思いました。刹那はお相手が欲しい言葉を届けられるデートセラピストですよね。僕は刹那からたまに垣間見られる川村壱馬がすごく美しかったなと思います。特に美しく感じたのはお母さんとの電話のシーン。あそこは本人のアドリブも多くあるんですけど、電話だからこそ出てしまう壱馬らしさがありました。そういう素の壱馬が見えた瞬間はうれしくなります」

吉野「刹那は相手を分析してちゃんと合わせてくれるところが壱馬っぽかったです。僕の場合はにぎやかな雰囲気でしたが、刹那は相手と2人のシーンも大人っぽい世界観ですごく壱馬に合っていた。ストーリーの深い部分を壱馬が演じてくれたおかげで、作品にも説得力が生まれたと思います」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル