top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

石原さとみ×シリアスドラマの相性は最高! 『Destiny』は心に残るシーンの多い作品に?

Real Sound

『Destiny』©︎テレビ朝日

 2024年4月から始まるテレビ朝日系火曜ドラマ『Destiny』の主演が石原さとみに決定した。石原は『恋はDeepに』(日本テレビ系)以来、3年ぶりに連続ドラマに復帰することとなり、テレビ朝日系のドラマに出演するのは、2010年の『霊能力者 小田霧響子の嘘』以来、14年ぶりとなる。

 参考:【写真】石原さとみが出産後初の“母親役”に 『ミッシング』ビジュアル

 本作は、ドラマ『Dr.コトー診療所』(フジテレビ系)シリーズ、映画『涙そうそう』(2006年)などを手がけた脚本家・吉田紀子が、“検事”の世界を舞台に紡ぐ完全オリジナルのサスペンスラブストーリー。演出は、映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』、『潔く柔く』など、多数の作品を手がける新城毅彦が担当する。

 石原が演じるのは、「横浜地方検察庁」中央支部の検事・西村奏。中学生の時、検事の父を亡くしたことをきっかけに、母の故郷・長野県に移り住み、そのまま地元大学の法学部に進学。そして、そこで出会った4人の仲間たちと、司法試験に向け苦楽を共にする一方、恋に、喧嘩に、友情にと、キャンパスがある長野の雄大な自然に包まれながら、生まれて初めての“青春”を謳歌し、その絆を深めていた。しかし、司法試験資格のためのロースクール入試を間近に控えたある日、ある人物が死亡する事件が起き、彼らの運命は大きく狂っていく。

 それから12年の月日が流れ、舞台は長野から横浜へ。35歳、念願の検事になって6年が経った奏の前に、あの事件以来、消息不明だった同級生が現れ、再び“過去”と向き合うことに。数多くの疑惑に包まれた「大学時代の事件」と対峙したことをきっかけに、新たに見えてくる20年前の「父の死の真相」。そして仲間たちの秘密の顔、恋人との再会と、一見バラバラに見える出来事が、やがて一本の線でつながった時、物語は思いがけない方向へ突き進んでいく。

広告の後にも続きます

 『恋はDeepに』では海洋学者、『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(2020年/フジテレビ系)では病院薬剤師、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(2016年/日本テレビ系)では校閲部員と、これまでさまざまな専門職の女性を演じてきた石原だが、本作では初の検事役に挑戦する。

 本作の脚本を担当する吉田は、登場人物の人間性を細やかに描き、人との交流の中で生まれる楽しい瞬間はよりキラキラと、ほろ苦い瞬間も余すことなく表現できる脚本家である。山崎育三郎が主演を務めた『リエゾン -こどものこころ診療所-』(2023年/テレビ朝日系)では、発達障がいであるADHDのある研修医・志保(松本穂香)が、かつて映画館で一緒にバイトしていた仲間たちに自分に発達障がいがあることを打ち明ける場面がある。志保の言葉に彼らは、「失敗をみんなでフォローしていたのは昔のことで、多かれ少なかれ、みんな失敗するのだからあまり気にしなくていい」と優しく声をかける。だが、並々ならぬ決意を持って仲間に告白をした志保は、自分の気持ちをうまく汲み取ってもらえないどころか、当時失敗しないように努力していたことさえも否定されたように感じてしまい、落ち込んでしまう。志保もバイト仲間も思ったことを素直に、しっかり言葉を選んで伝えているし、悪いところがあったわけではない。それでも人と人はこうしてすれ違ってしまうことがある。

 このように小さいけれど、いろいろな意味で心に残っていく光景を吉田は逃さないのだ。本作について石原は、「主人公・奏をはじめ、全キャラクターの生い立ちから現在に至るまでが細かく書かれていました。それぞれの人間性が良く分かり、全体感も把握でき、先の展開の内容の濃さに大変驚きました」とコメントを寄せている。学生4人の青春時代とそれ以降のやや仄暗さが残る現代が描かれる本作は、吉田の手腕が存分に発揮される作品となることが期待される。

 また、恋愛ドラマにおいて天真爛漫ぶりを発揮して男性を振り回すようなイメージもある石原だが、実は『アンナチュラル』(2018年/TBS系)に代表されるような「石原×シリアスドラマ」の組み合わせは最高だ。ちょっと切ない表情を浮かべながら発せられる淀みない言葉たちは、より切実にこちらに響いてくるのだ。検事といえば、正義感を持ち、徹底した論理思考と追及で、事件とその容疑者に向き合っていくもの。クールで言葉にキレのある石原の姿が見れるかもしれない。そう思うと今からとてもワクワクしてくる。

(文=久保田ひかる)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル