top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『涙無しには見られない』下半身麻痺の子猫を保護 大型犬と飼い主さんの愛情が紡いだ奇跡の1年間に「本当に本当に素晴らしい」

ねこちゃんホンポ

愛犬が見つけた1匹の子猫を保護してから1年間が経ちました。

飼い主さんが心配と不安を抱える日々の中、子猫は下半身不随で排泄トラブルが多いハンデをものともせずに、わんぱくに成長!

ラッキーボーイの子猫が、飼い主さんや先住犬とともに過ごしてきた日々を記録したこちらの投稿は、YouTubeで24万回以上再生され、100件を超えるコメントも寄せられています!

余命宣告された子猫を保護

2021年8月に、愛犬の「ハチ」ちゃんとお出かけした先で出会った子猫は、下半身が血まみれで、足はあらぬ方向を向いていました。

広告の後にも続きます

動物病院で数日間の入院を経てお家にやって来ましたが、下半身が麻痺して、自分では排泄ができない状態。保護した当時、膀胱はパンパンで、少しでも発見が遅れれば命が助からなかったかもしれない状況だったようです。

お家に来てからは、子猫にドキドキしている警戒心たっぷりのハチちゃんに対し、足を引きずりながらもどんどんとお家の中を探検する大胆さを見せます。

子猫に対して緊張するハチちゃん

1日に2~3回の圧迫排尿が必要な子猫は、飼い主さんが1日お家を留守にしただけでも命に関わります。

飼い主さんは、大きなハンデを背負いながらも「この子の未来が”光る”モノであって欲しい」「この子自身が誰かの”光”になって欲しい」という想いから、子猫に「光太(こうた)」くんと名付けました。

しかし、猫白血病ウイルスによって、お家に来て数日で余命宣告をされるほど体調は急激に悪化。けれども光太くんは、飼い主さんの懸命な看護により、見事に復活を遂げます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル