top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

小説が書けない作家を描く『本を綴る』篠原哲雄監督インタビュー「何か戸惑っている人が次に進めないということはある」 なくなりゆく書店への想いも

ガジェット通信

篠原哲雄監督の最新作『本を綴る』が、12月1日(金)よりフォーラム那須塩原にて先行公開され、一年後の2024年秋に全国公開となります。本作は、本屋さんの実状を知り、本屋に纏わるドラマを制作したいと企画したYouTubeドラマ『本を贈る』の続編で、本のコンシェルジュである一ノ関哲弘(矢柴俊博)が新たな主人公となります。

書店や図書館に足を運ぶも、書けなくなった小説家(一ノ関哲弘)は、なぜそうなったのか。挫折と萌芽、本の居場所が様々な所にあるように、人の居場所も新しく居心地よい所を見つければよいというメッセージもあると篠原監督は言います。本作に込めた想いを聞きました。

■公式サイト:https://honwotsuzuru.com/ [リンク]

●今回の作品は、昨年配信のYouTubeドラマ『本を贈る』の続編という位置付けになっているそうですね。

『本を贈る』を作る際、書店組合などいろいろと取材をさせていただきました。現状、街の本屋さんは利益を出すという意味でもたくさんの問題を抱えていて、ゆえに後継者問題も出て来ていました。存続が厳しい、持続可能ではなくなっているわけなんですね。そういう実態が分かって来たので、そこで父から本屋を受け継ぐ娘の話にしたのが、第一部なんです。

広告の後にも続きます

その時の主人公を演じた永池南津子さんが、書店を継ぐ娘でした。なのでもしも次をやるならば、本のコンシェルジュである一ノ関哲弘(矢柴俊博)が、なぜ小説を書けなくなったのかを探る話になるだろうし、その中で自分の立ち位置をもう一度見出そうとしている話にもなるだろうと。

●本を軸としたシリーズなんですね。

いわゆる直接的ではなくても、本の話で繋がっていけばシリーズになるのではないか、という思いはありました。

一ノ関哲弘という人物が何かを想い、本のコンシェルジュをやっていて、作家としてもう一度再生したいと思っているわけだから、その話にスポットを当てていくのが今回の話になります。

そこで脚本の千勝一凛さんからアイデアをもらい、僕からもいろいろと足していきました。それが最初のスタートでした。

●本が書けなくなった主人公は、どのようにして生まれたのでしょうか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル