top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

俺が選手だったら――降格危機の横浜FC、コーチ中村俊輔にあえて訊いた“心構え”「この一週間で選手として伸びるかもしれない」

SOCCER DIGEST Web

俺が選手だったら――降格危機の横浜FC、コーチ中村俊輔にあえて訊いた“心構え”「この一週間で選手として伸びるかもしれない」(C)SOCCER DIGEST Web
 横浜FCにとっては、極めて厳しい状況だ。

 11月25日に行なわれたJ1第33節の湘南ベルマーレ戦。残留争いの直接対決で0-1の敗戦を喫した。残すは最終節のみ。最下位の横浜FCは勝点29、17位の柏レイソルは同32。勝点3差だが、得失点差は“-12”。

 数字上では、J1残留の可能性はある。条件は、自分たちが鹿島アントラーズに大勝し、柏が名古屋グランパスに大敗した場合のみ、だ。現実的ではない。J2降格はほぼ確定――そうした見方は別段不思議ではない。

 不屈と諦念。鹿島戦に向けて準備をする選手たちの心情は、複雑かもしれない。コーチとして指導にあたる中村俊輔が、たとえば選手たちに言葉をかけるとすれば、それはどんなことか。
【PHOTO】最後まで力の限り選手に声援を送った横浜FCサポーターを特集!
「モチベーションを落とさずに。(鹿島戦までの)あと一週間、サッカーができる。みんなここまで頑張ってやってきたし…クラブのため、サポーターのためにプレーする。そういうことが、結局は最後、自分にはね返ってくると思う」

――たとえば中村俊輔が今、現役なら、どういう心持ちで試合に臨む? 仮定の質問を投げかければ、元日本代表10番のレフティはこう応じる。

「もしかしたら、この一週間で選手として伸びるかもしれない。自分の感情をコントロールできずに流されて、ふわっとした一週間を過ごさないように。今までの33節よりも、大事な一週間にできるチャンスかもしれない。俺が選手だったら、そう考えると思う。最後の1試合で、33節分が全部ダメになる可能性がある。そういう心構えかな」

 泣いても笑っても、あと1試合。すべてを注ぎ込みたい。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

「俺は月。シンジは太陽」中村俊輔が認めた小野伸二「イマジネーションとか想像性は上だった」

身振り手振りを交え「ワンツーのつき方」を熱弁。中村俊輔の飽くなき向上心は相変わらずだ

「めっちゃ上手い」若手の感想に中村俊輔の反応は? 錆びつかない技巧。存在自体が手本となり、模範となる
 
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル