top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

「申告漏れ所得金額」ランキング 1位「経営コンサルタント」は5年連続トップ10入り

J-CASTニュース

取引区分別の調査状況は、「ネット通販等」が35.6%、「シェアリングビジネス」が26.4%、「デジタルコンテンツ」が7.6%、「ネット広告」が6.8%など。シェアリングビジネスには、民泊やカーシェアリング、クラウドソーシングなど、デジタルコンテンツにはアプリ作成・配信、有料メルマガなどが含まれる。

5年連続トップ10入りの「経営コンサルタント」はどのような業務を行う人が多いのか記載されていないが、例えば有料メルマガの発行で収入を得ている人も含まれている場合もあるのかもしれない。

過去には「内科医」や「行政書士」も上位に

「申告漏れ所得金額」ランキングの推移には、世相が反映されている。

令和2事業年度の3位にワクチン接種などを行う「内科医」が、令和3事業年度の10位に補助金・助成金の申請代行を行う「司法書士、行政書士」が入っているのは、いずれもコロナ禍の影響だろう。

令和4事業年度の2位「くず金卸売業」には金属価格の高騰が、3位の「ブリーダー」にはコロナ禍の巣ごもりペット需要が、飲食系や工事系のランクインにはコロナ明けの反動が影響していると見られる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル