top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

Ken Yokoyama、8thフルアルバム『Indian Burn』リリース 初回盤にドキュメンタリー映像収録

Real Sound

Ken Yokoyama

 Ken Yokoyamaが、シングルリリース集大成となる8thフルアルバム『Indian Burn』を、2024年1月31日にリリースする。

(関連:Ken Yokoyama、初のLINE CUBE SHIBUYA公演 4人がモノにしたライブ表現と横山健のアナザーストーリー

 これは、11月28日に『横山健のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にてサプライズ発表されたもの。アルバムは「たとえ自分たちが死んだとしても誰かの寄生虫として魂は生き残る」と歌う「Parasites」の、今作を代表する強烈なステートメントから始まり、シングル3部作の曲たちも作品にさらなる彩りを加える。

 また、初回盤DVDには、現メンバーのインタビューを中心に、彼らの近年を追ったドキュメンタリーを収録。2024年でバンド結成20周年を迎えるKen Yokoyamaというバンドとは何なのかを、改めて紐解く映像作品となっている。

 Ken Yokoyamaは2023年、全3作に及ぶシングルシリーズに取り組んだ。5月に『Better Left Unsaid』、9月に『My One Wish』、11月に『These Magic Words』と、2~3曲入りの作品を制作。かつて、横山健はアルバムというフォーマットにこだわった作品づくりを行っていたが、昨今の音楽業界を取り巻く環境や自身の心境の変化を受け、“作品”というバンドとしてのステートメントを、パンクキッズと数多く共有するという手段を選んだという。

広告の後にも続きます

 シングルシリーズのスタートを宣言したとき、Ken Yokoyamaはこれがフルアルバムへの布石であるということを明らかにしており、順調に曲づくりが進んでいることも公表していた。シングルに収められていた曲すべてがアルバム入りしているわけではなく、表題曲だけが再収録されている。

 なおタイトルの『Indian Burn』は、人の腕を雑巾のように絞ることを意味し、今作は腕を絞り出すようになんとか生み出された楽曲で構成されていることを示す。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(音楽)

ジャンル