top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「私が今日も正しいんです!」自由奔放・二階堂瑠美、アメージングなアガリに放送席騒然「嘘でしょ…」/麻雀・Mリーグ

ABEMA TIMES

 自由な雀風も、大きな魅力のひとつ。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2023-24」11月28日、第1試合に登板したEX風林火山の二階堂亜樹(連盟)が、独創的なアガリで放送席を仰天させた。

【映像】放送席も騒然!瑠美のアメージングなアガリ

 東3局0本場でのことだった。並びは起家からBEAST Japanext・菅原千瑛(連盟)、赤坂ドリブンズ・浅見真紀(最高位戦)、瑠美、TEAM雷電・本田朋広(連盟)。トップ目の菅原と300点差で2着目につける親番・瑠美の配牌は一・一・六・六・六万、ドラの1筒・7筒・7筒・8筒・1索・4索・6索・南・南といったものだった。「何かちょっと、事件が起きそうな配牌がきた」。これに実況の松嶋桃(協会)が反応する中、瑠美は2巡目で3筒を引くと、あっさりと一万を放出。「え?」とプレーヤー解説の渋谷ABEMAS・多井隆晴(RMU)が驚くと、松嶋も「結構、対子を残すイメージがありますけども」と続けた。

 その次巡、四万を引いた瑠美は再度、一万を河に。眉間にしわを寄せた表情に松嶋が「この表情は何を物語っているんだ」とすると、多井は「あの麻雀、解説2人はわかるかなって心配しているんじゃないですか?」と返し、「だって、わかんねぇもんな」と首を傾げた。その後、瑠美は南の対子も捨てた一方で、ドラの1筒を対子に。浅見がリーチをかけたことで、もう1人の解説・土田浩翔(最高位戦)は「これは作戦ミスだったね」としたが、最終的に二・三・四・六・六・六万、1・1・7・8・9筒、6・8索でテンパイすると、直前に本田がリーチをかけたことにも怯まず、即座にリーチを宣言した。

 「え!?カン7索、2枚切れだよ?」。待ちの悪さに気付いた多井だったが、次にツモった本田の手にはアガリ牌の7索。見事にリーチ・一発・ドラ2の親満貫・1万2000点(供託2000点)を成就させた瑠美には、麻雀星人の異名を取る多井も「嘘でしょ…」と驚愕の様子で、松嶋も「私が今日も正しいんです!何ということでしょう。的確に一発でアガッた!」と絶叫した。

広告の後にも続きます

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に全7チームで発足し、2019-20シーズンから全8チーム、2023-24シーズンからは全9チームに。各チーム、男女混成の4人で構成されレギュラーシーズン各96試合(全216試合)を戦い、上位6チームがセミファイナルシリーズに進出。各チーム20試合(全30試合)を戦い、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(16試合)に進み優勝を争う。優勝賞金は5000万円。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル