top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ニカラグアの30年ぶりの長編映画。母の不在に直面した少女を描く「マリア 怒りの娘」

キネマ旬報WEB

 

独裁政権や内戦が長く続いた影響で、経済が停滞して映画産業が発達せず、これまで国産の長編映画は数本のみ──。そんな中米ニカラグアで30年ぶりに製作された長編映画であり、同国初の女性監督作となる「マリア 怒りの娘」が、2月よりユーロスペースほかで全国順次公開される。ポスタービジュアルと場面写真が到着した。

 

 

湖のほとりのゴミ集積場の近くに、母と暮らす11歳のマリア。生活は苦しく、母は飼い犬を売ろうとするが、不慮の事態により失敗した。トラブルを解決するため、母は娘をリサイクル施設に預け、「すぐに戻る」と言って街へ出かける。

広告の後にも続きます

だが母はいつまでも戻らず、戸惑いと怒りを募らせるマリア。ついには施設を抜け、母を探す旅に出る──。

 

 

 

監督は、ニカラグアに生まれてメキシコの国立映画学校で学んだローラ・バウマイスター。2014年の短編「Isabel Im Winter」がカンヌ国際映画祭監督批評家週間に選出され、「マリア 怒りの娘」が初長編となる。楽曲は「燃ゆる女の肖像」のパラ・ワンが手掛けた。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル