top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

マ・ドンソクが一撃で相手をノックアウト 『犯罪都市 NO WAY OUT』日本版予告編

Real Sound

『犯罪都市 NO WAY OUT』 ©︎ABO Entertainment presents a BIGPUNCH PICTURES & HONG FILM & B.A. ENTERTAINMENT production world sales by K-MOVIE ENTERTAINMENT

 2024年2月23日より新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン 池袋ほかで全国公開されるマ・ドンソク主演映画『犯罪都市 NO WAY OUT』の日本版予告編が公開された。

 参考:【写真】『犯罪都市』第3弾、日本版ビジュアル

 『新感染 ファイナル・エクスプレス』『エターナルズ』のマ・ドンソクが主演・プロデューサーを務める本作は、韓国での興行収入が100億円を突破した『犯罪都市』シリーズの第3弾。ベトナムでの凶悪犯一斉検挙から7年後、拳一つで悪党たちに立ち向かう“怪物刑事”マ・ソクト(マ・ドンソク)がソウル広域捜査隊に異動し、新種薬物事件の背後でうごめく新たな強敵たちと戦うさまを描く。2024年5月には、早くも第4弾の韓国公開が予定されている。

 公開された日本版予告編は、マ・ドンソクが一撃で相手をノックアウトするシーンからスタート。『新感染 ファイナル・エクスプレス』や『犯罪都市 THE ROUNDUP』をはじめ、多くの作品でマ・ドンソクの吹き替え声優を務める小山力也がナレーションを務めている。

 マ・ドンソクが演じるマ・ソクトは、マフィアも恐れる規格外のやりすぎ“最強刑事”。新種薬物事件の真相を追う中で、捜査線上に浮かび上がったのは、“日本のヤクザ”と“汚職刑事”だった。一条親分(國村隼)の指示のもと、麻薬を盗んだ組織員を処理するべく韓国に送り込まれた極悪非道な“ヤクザの解決屋”リキ(青木崇高)、さらに麻薬売買を仕切り捜査をかく乱させる“汚職刑事”チュ・ソンチョル(イ・ジュニョク)が立ちはだかり、マ・ソクトに最大のピンチが訪れる。狂犬のような目つきのリキに容赦なく日本刀で襲われ、猛スピードで走る車に勢いよく乗り上げるなど、絶体絶命の場面でも拳一つで立ち向かっていく。「必ず逮捕してやる」の言葉に乗せて、絶え間なく繰り出されるパンチアクションから捉えられた映像となっている。

広告の後にも続きます

 本映像でも披露されているマ・ドンソクのパンチアクションは、撮影をサポートしたプロのボクシング選手からクオリティの高さとリアルな演出を絶賛された。相応しい敵役となるため、シリーズ初となる“2人”のヴィランを演じた青木崇高とイ・ジュニョクは撮影前に徹底した役作りを実施。イ・ジュニョクは11月24日に開催された韓国最大の映画賞・青龍映画賞で男優助演賞にノミネートされている。

 さらに青木とイ・ジュニョクは、11月28日に東京ドームで実施された世界最大級のK-POP授賞式「2023 MAMA AWARDS」にプレゼンターとして登壇。プレゼンターは1年を通して韓国コンテンツのグローバル興行をけん引したスターが選出されるが、青木はプレゼンターとしては唯一の日本人の登壇者となった。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル