top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

前田敦子が泣きじゃくる姿が 三島有紀子監督作『一月の声に歓び刻め』予告編公開

Real Sound

『一月の声に歓びを刻め』©bouquet garni films

 2024年2月9日に公開される三島有紀子監督最新作『一月の声に歓びを刻め』の予告編が公開された。

参考:『一月の声に歓び刻め』予告編

 三島監督の長編10作目となる本作は、三島の強い気持ちで自主映画から製作がスタートしたオリジナル企画。その想いに賛同した出演者やスタッフが結集してプロジェクトが実現した。監督自身が47年間向き合い続ける“ある事件”をベースに、北海道・洞爺湖の中島、伊豆諸島の八丈島、大阪の堂島の三つの“島”を舞台に、ストーリーの重要な存在として登場する“れいこ”をめぐる心の葛藤が描かれていく。

  船でやってきた者を前田敦子、船を待つ者を哀川翔、そして船で向かう者をカルーセル麻紀が演じ、さらに、坂東龍汰や片岡礼子、宇野祥平、原田龍二、とよた真帆らが脇を固める。

 公開された予告編は、道をさまよう“れいこ”(前田敦子)と、レンタル彼氏(坂東龍太)の2人の姿から始まる。「なんで私が、罪感じなきゃいけないんだよ」と意味深な言葉を吐露するれいこ。前夜は楽しげに踊り、一夜をともにしたはずだったのに……。雪深い道なき道を歩むマキ(カルーセル麻紀)が「れいこ……」と呟き、誠(哀川翔)が険しい顔つきで鉄パイプを手に握る姿や、「わたし……6歳のときに変な男に変なことされたんで……自分の身体なんか……好きな人とできる身体じゃないなって……」と告白しながら泣きじゃくる“れいこ”の姿などが映し出されている。

広告の後にも続きます

 予告編では前田がアカペラで歌う劇中歌が流れる。楽曲は奇妙礼太郎の「きになる」(作詞・作曲:早瀬直久)のカバー。三島監督が本作の脚本を執筆中に、とある映画館のカフェで偶然耳にしたことがきっかけになったという。「何にも知らなくても、幸せになれるかな」という歌詞と、悲壮感漂う前田の歌声を聞くことができる。

 また、 ムビチケ前売り券(オンライン)、劇場販売(ムビチケカード)が、一般1600円にて販売されている。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル