top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

都築響一、大谷亨『中国の死神』になぜ注目?「中国で最も面白い、地方と庶民のカルチャーを顕在化した」

Real Sound

 
  長い舌を垂らし、長い帽子をかぶった異様な姿の「無常」。中国各地に祀られている、魂を連れ去る死神だ。この特異な対象を研究しているのが若手民俗学者の大谷亨氏で、この度上梓し話題となっているのが『中国の死神』(青弓社)だ。本の内容は、学術書や研究書というより、旅行記のような軽快さがあり、無常だけではなく、中国のカルチャー全般を知ることができるのも本書の魅力だ。そんな『中国の死神』の著者である大谷氏について「あまり研究対象にされていなかったのに最も魅力的だった中国の庶民と地方のカルチャーを等身大の視点で顕在化した」と評するのが、都築響一氏だ。

  伝説的編集者であり、写真家、ジャーナリストとしても知られる都築氏が語る大谷氏とその著書である『中国の死神』の魅力とは? 日本では報じられらない中国の地方のカオスでリアルなカルチャーの面白さが浮かび上がる。

死神の向こうにホンモノの中国が見える

――都築さんは大谷亨さんをよくご存じのようですが、どのようないきさつで知り合ったのですか。

都築:大谷さんはX(旧Twitter)で「無常くん」という名で活動しているんですが、そこには中国版TikTokの面白い動画が貼られていて、そのファンだったんです。そしたら、たまたま共通の知り合いがいて、僕がメールマガジンでやっている個人雑誌『ROADSIDERS’ weekly』に掲載するため、インタビューを申し込んだのです。

――はじめにどんなお話をされたのでしょうか。

広告の後にも続きます

都築:祭の振る舞い食事ではなく、無常くんがこれまでXにあげていた、中国庶民の食事風景動画がすごくおもしろかった、という話をしました。

――神様やお祭りのその周辺の人やカルチャーに興味があったと。

都築:今の中国って、大国化した政治や経済ばかりがニュースになる。官製中国ですよね。そこからは、中国の庶民の姿がまったく見えてこないんです。

――たしかに日本にいると、中国のナショナルな部分ばかりが流れてきます。中華料理の国のイメージではない。

都築:だから無常くんに色々と聞いてみたくなったんです。視線というのかな、どうして、そう見るの?  という部分。

――無常くんである、大谷さんの視点は違いましたか?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル