top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

最強だと思う歴代「競馬騎手」TOP10

ランキングー!

今回はウェブアンケートにて総勢9,845名に調査した<最強だと思う歴代「競馬騎手」ランキング>を発表します。馬主、調教師、厩舎関係者そしてファンなど、さまざまな人の思いを背負いレースに出走する騎手。ドラマチックなレース展開に興奮するファンは大勢いますが、騎手の存在も忘れてはなりません。いろいろなタイプがいる中で、あなたが最も最強だと思う騎手は誰ですか?さっそくランキングをチェック!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。


【最強だと思う歴代「競馬騎手」ランキング】

第1位 武豊(4,222票)
第2位 クリストフ・ルメール(678票)
第3位 福永洋一(370票)


(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:20代以上の男女(性別回答しないを含む)9,845名/調査日:2023年11月1日



名レースは数知れずの生けるレジェンド!1位は武豊騎手!

<投票者のコメント>
「やはり彼は、天才です」

「今も現役の騎手ではあるが、過去の実績からしても彼が一番だと思う」

「生きるレジェンド」

日本競馬界の生けるレジェンド・武豊騎手。2022年時点で歴代最多の全国リーディングジョッキー18回、通算GI勝利は地方や海外を含めて100勝以上、JRA通算4000勝以上など、数字を並べるとキリがないほどの圧倒的な記録をマークしています。1987年に騎手デビューを果たすといきなり大活躍。同時期に訪れた”競馬ブーム”の主役となり、54歳になった2023年まで37年間もトップの座を守り続けています。オグリキャップやディープインパクトなどに騎乗し、競馬史に残る伝説のレースを数多く残し続けています!


”武豊超え”果たす年間215勝!2位はクリストフ・ルメール騎手!

<投票者のコメント>
「やっぱり強いと思うので」

「GⅠで勝つのはいつもルメール騎手!」

「腕っぷしで持ってくる印象。最強という括りならこの人かな?」

広告の後にも続きます

2015年に外国人として初めて騎手試験に合格し、JRA所属になったフランス出身のルメール騎手。2017年から5年連続で全国リーディングジョッキーに輝き、2018年にはJRA年間GI8勝をマークすると、武豊騎手の記録を更新する年間215勝も達成した偉大な騎手です。「競馬学校の教科書にルメール騎手の騎乗フォームを載せればいいのに」といわれるほどの理想的なフォームで、2022年時点で通算1633勝を挙げています!2016年の有馬記念を制した際、涙ながらに語った「競馬は時々難しいこともあるけど、今日は素晴らしいね」というフレーズは、感動的な名言として語り継がれています。


福永が乗ると馬が変わる!3位は福永洋一さん!

<投票者のコメント>
「伝説です」

「最強です。間違いなく!」

「懐かしいです。強かった」

「福永さんが騎乗すると馬が変わる。勝った後、別の騎手に乗り替わると元に戻る」といわれるほど不思議な力を持った騎手、それが福永さんです。1968年にデビューすると通算983勝をマークし、9年連続で年間最多勝を達成した天才を「日本競馬界最高の騎手」と称えるファン、関係者は多くいます。「歩く競馬四季報」の異名を取り、栗東所属の馬の脚質を頭に叩き込んでいました。


4位以下はオリビエ・ペリエや、福永祐一、柴田政人などがランクイン!


写真:アフロ
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル