top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

FA動向に注目も…プロ野球、FA宣言残留を決断した6人。チームに残った歴代選手たち

ベースボールチャンネル

プロ野球 最新情報

 オフシーズンに突入したプロ野球。ストーブリーグで大きな注目を集めるのが、フリーエージェント(FA)市場だ。今オフもすでに西川龍馬がオリックス、山﨑福也が日本ハム入りを決断した。一方で、権利を行使したものの、結果的にチームに残った選手も数多くいる。そこで今回は、FA宣言残留を決断した歴代選手を紹介する。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。

 

清水隆行(崇行)


出身:東京都
投打:右投左打
身長/体重:183cm/83kg
生年月日:1973年10月23日
ドラフト:1995年ドラフト3位
 
 天性のヒットメーカーとして活躍した読売ジャイアンツの清水隆行(崇行)。新天地への移籍も考えたが、巨人に残留することを決めた。
 
 浦和学院高校では高校通算20本のアーチを描き、東洋大学に進学。大学日本代表にも選ばれた経歴もあり、ドラフト3位で巨人に入団した。
 

 
 卓越したバットコントロールをプロ1年目から披露し、瞬く間に外野のレギュラーを確保。翌年以降も上位打線を任され、3割近い打率をマークし続けた。
 
 特に2002年は大活躍を見せ、打率.314・キャリアハイの191安打をマークし、最多安打のタイトルを獲得。2004年にFA宣言をしたものの、「好きなチームでプレーするのが一番」との言葉を残して巨人に残留した。
 
 2006年・2008年はまさかの不振に陥り、2009年は埼玉西武ライオンズでプレー。最後まで安打製造機としての意地を見せ、同年限りでユニフォームに別れを告げた。

三浦大輔


出身:奈良県
投打:右投右打
身長/体重:183cm/88kg
生年月日:1973年12月25日
ドラフト:1991年ドラフト6位
 
 「ハマの番長」として、現在は横浜DeNAベイスターズの監督を務めている三浦大輔。FA宣言からの残留を表明した際は、大きな話題を集めた。
 
 高田商業時代はエース、さらに4番を任される存在だった三浦。高校生の時点で注目を集めていたこともあり、1991年ドラフト6位で横浜から指名を受けプロ入りを果たした。
 

広告の後にも続きます

 
 入団後はプロの壁に苦しんだが、1997年に初の2桁勝利(10勝)を達成。2005年は12勝・防御率2.52と奮闘し、最優秀防御率のタイトルにも輝くなど、エースの地位を築いていった。
 
 2008年にFA権を行使すると、阪神タイガースが獲得に動くことを表明。関西出身という背景からも、阪神移籍の可能性が高いとされていたが、悩みに悩んで横浜に残留。
 
 苦しい時期も過ごしながら、横浜で25年間プレーし続けた三浦は、プロ通算172勝を積み上げた。

鳥谷敬


出身:東京都
投打:右投左打
身長/体重:180cm/79kg
生年月日:1981年6月26日
ドラフト:2003年ドラフト自由枠
 
 近年で大活躍した阪神タイガースの遊撃手といえば、やはり鳥谷敬だろう。
 
 聖望学園高校で甲子園を経験したのち、早稲田大学に進学。東京六大学リーグで三冠王を獲得する実力を誇り、阪神入団当初から活躍を期待されていた。
 

 
 リーグ優勝を成し遂げた2005年からレギュラーを獲得すると、堅実なバッティングと守備でチームに貢献し続けた。また、2006年からは5年連続で2桁本塁打も放っている。
 
 2014年オフ、鳥谷はメジャーを目指して海外FA権を行使。ただ、日本人内野手に対する評価が低くなっていた状況もあり、2ヶ月悩んだ末に阪神残留となった。
 
 その後も阪神の一員として活躍し、600試合連続フルイニング出場、さらには通算2000安打など数々の金字塔を打ち立てた鳥谷。晩年は千葉ロッテマリーンズでプレーした。

矢野輝弘(燿大)


出身:大阪府
投打:右投右打
身長/体重:181cm/81kg
生年月日:1968年12月6日
ドラフト:1990年ドラフト2位
 
 中日ドラゴンズ、阪神タイガースの両球団でプレーした矢野輝弘(燿大)も、FAでの移籍を考えた選手である。
 
 桜宮高校から東北福祉大学に進んだ矢野。リーグ戦での活躍が評価され、ドラフト2位で中日入りを果たした。
 

 
 しかし、当時は中村武志が不動の正捕手として君臨しており、捕手としての矢野の出番は限られる状態となっていた。
 
 トレードで阪神に移籍した1998年から出番が増え、出場数も100試合を超えるように。ただ、当時の監督だった野村克也から、配球面での指摘を受ける場面も少なくなかった。
 
 2000年にFA権を行使し、一時は巨人移籍も噂されていたが残留を決意。その後、2003年に打率.328、2005年に自己最多の19本塁打を放つなど、攻守に渡りリーグ優勝に欠かせない存在となった。

金子千尋(弌大)


出身:新潟県
投打:右投左打
身長/体重:180cm/77kg
生年月日:1983年11月8日
ドラフト:2004年ドラフト自由枠
 
 最盛期は手の付けられないピッチングを披露した金子千尋(弌大)も、FA移籍を図った過去がある。
 
 金子は、長野商業卒業後、社会人野球のトヨタ自動車でプレー。2004年ドラフト自由枠でオリックス・バファローズに入団すると、2008年に2桁勝利(10勝)を挙げるなど頭角を現した。
 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル