top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

前田敦子 「性暴力と心の傷」という難しいテーマに挑む 「一月の声に歓びを刻め」予告

映画スクエア

 2024年2月9日より劇場公開される、「繕い裁つ人」「幼な子われらに生まれ」「Red」などの三島有紀子監督による最新映画「一月の声に歓びを刻め」の、予告編が公開された。

 予告編は、道をさまよい歩く“れいこ”(前田敦子)と、レンタル彼氏(坂東龍太)のふたりの姿から始まる。前夜は楽しげに踊り、一夜をともにしたはずだったが、「なんで私が、罪感じなきゃいけないんだよ」とれいこは意味深な言葉を口にする。一方、雪深い道なき道を歩むマキ(カルーセル麻紀)が「れいこ・・・」とつぶやき、誠(哀川翔)が険しい顔つきで鉄パイプを手に握る。「わたし…6歳のときに変な男に変なことされたんで…。自分の身体なんか…好きな人とできる身体じゃないなって…」と衝撃の告白とともに泣きじゃくるれいこ。幼いれいこの心に、罪深い影を落とした心の傷が、成長した彼女を今でも苦しませ続けていることが明かされる。

 予告編では、前田敦子がアカペラで歌う劇中歌が流れる。三島有紀子監督が本作の脚本を執筆中に、とある映画館のカフェで偶然耳にした奇妙礼太郎の「きになる」(作詞・作曲:早瀬直久)のカバーで、「知らない間に、見違えるほどきれい。何にも知らなくても、幸せになれるかな」という歌詞と悲壮感漂う前田敦子の歌声が、オリジナルの奇妙礼太郎の明るい歌唱とは対照的に使われている。

 「一月の声に歓びを刻め」は、自主映画から製作がスタートした三島監督のオリジナル企画。監督自身が47年間にわたり向き合い続ける“ある事件”をベースに、北海道・洞爺湖の中島、伊豆諸島の八丈島、大阪の堂島の三つの“島”を舞台に、「船でゆく者」「船を待つ者」「船でくる者」と“方舟(はこぶね)”をテーマにした心に傷を負う3人の、3つのストーリーが交錯。“れいこ”をめぐる心の葛藤が描かれる。前田敦子、カルーセル麻紀、哀川翔らが出演する。

【作品情報】
一月の声に歓びを刻め
2024年2月9日(金)テアトル新宿ほか全国公開
配給:東京テアトル
© bouquet garni films

 
   

ランキング(映画)

ジャンル