top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

約200年前に作られたライフル銃、桃山時代の槍などを無許可所持か 暴力団員の男逮捕

ABEMA TIMES

 約200年前に作られたライフル銃などを許可なく所持したとして、暴力団員の男が警視庁に逮捕されました。自宅からは桃山時代のものとみられる槍も見つかっています。

【映像】押収された約200年前のライフル銃など

 指定暴力団住吉会系幹部の大島克之容疑者(51)は7月、都内の自宅でライフル銃や槍などを無許可で所持した疑いなどがもたれています。

 警視庁によりますと、ライフル銃は約200年前にアメリカで作られた「シャープス銃」で、江戸時代末ごろに日本に入ってきたとみられています。また、槍は刃渡り30㎝ほどで、東京都が鑑定したところ桃山時代に作られたものでした。

 いずれも美術品としての評価が高く、警視庁は容疑者が入手した経緯について詳しく調べています。(ANNニュース)

 
   

ランキング

ジャンル