top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

バレると恥ずかしいあの現象の正体!空腹になるとお腹が鳴るのはなぜ?【人体の不思議】

ラブすぽ

胃や腸が元気に働いている証拠!

お腹が減ると「グゥ~」と鳴ることを「腹鳴」といいます。胃の中に食べものが入ってくると、入り口の噴門から出口である幽門に向かって胃が波打つように動く蠕動運動が起こります。蠕動運動によって攪拌された食べものは、胃液の中のペプシンによってタンパク質が分解され、粥状になって十二指腸へ送られます。そして、胃が空からになると十二指腸からモチリンというホルモンが分泌され、「空腹期収縮」と呼ばれる強い収縮運動が始まります。

この収縮が一因となって、胃の中に残っているわずかな食べもののカスなども十二指腸に移動しますが、このとき、胃腸の中の空気が圧迫されて「グゥ〜」という音になるのです。人に聞かれると恥ずかしいものですが、お腹が鳴るのは胃腸が活発に動いている証あかしであり、胃腸が元気な証拠で、胃や小腸に残っていた食べカスを空っぽにする、消化器官の掃除の効果があります。

むしろ間食や寝る前の食事で胃の休む間がなく、空腹を感じないようでは、高血圧や糖尿病などのリスクも高まり、注意が必要となります。そもそも私たちは、胃が空になったから空腹を感じるのではありません。激しい運動などのあと、血液中の血糖値が低下し、代わりに体に蓄たくわえていた脂肪を分解してエネルギーをつくるときにできる遊離脂肪酸が増えたことでエネルギー不足=空腹感の一因として認識され、新たなエネルギーの補給をうながすのです。

また、「飢餓収縮」といって食べものが胃から腸へと送られるときにガスが発生したり、緊張やストレスから胃や腸が刺激されてお腹が鳴ることもあります。下痢でお腹が痛くておへそあたりがゴロゴロなるのは、消化や栄養素の吸収が済んだ食べものをすぐに外へ出そうと小腸や大腸が激しく動いている音の場合もあります。

『眠れなくなるほど面白い 図解 人体の不思議』はこんな人におすすめ!

・人間の体の構造について学びたい
・人体における不思議なメカニズムについて触れてみたい
・誰かに話したくなる体の雑学を得たい

広告の後にも続きます

以上の方には「図解 人体の不思議」は大変おすすめな本です。

テレビやインターネットには健康に関するさまざまな情報があふれており、スマートフォンで専門的な知識ですら手軽に検索することが可能です。しかし、これらの健康に関する情報にはさまざまな内容が含まれており、その真偽を含めた有用性(どれが大事な情報か)を判断することが難しい状況があるように思われます。

これらの情報の有用性を判断して有効に活用し、自分自身が健康であるためには、まず人間の“からだ”についてできるだけ正しい知識を持つことが重要ではないでしょうか?なぜならこの正しい知識を持つことが、巷にあふれる健康に関する情報に流されず、鵜呑みにせず、どれが有用な情報であるのかを判断できるようになる土台となるからです。

本書では、人間の“からだ”についての理解を深めるための基本的な疑問を取り扱い、図解を入れながら、わかりやすく説明しています。読めば皆様の“からだ”のことをもっと知ろうとする意欲を刺激し、さらに知識を得るための第一歩となってくれるはずです。

脳は重くてシワの数が多いほど頭がいいのか?

生物の体には不思議なポイントが沢山あります。そして特に最も神秘的なカラダの部位と言えば人間の脳です。まずは、人体の脳における不思議について解説しましょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル