top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

舟券を的中させる為のスタート展示の見方とは?『究極のボートレースガイドブック』

ラブすぽ

これを覚えたら一人前!知っておきたい予想ファクター

スタート展示、周回展示、コース別成績、チルト……。ボートレースならではのこうした予想ファクターを押さえれば、これであなたもボートレース通。「チルトの魔術師」「前づけの鬼」「絶対王者」と称される名選手を覚えておけば、的中はもう目前!

スタート展示はどうやって見ればいい!?

ボートレースにとって大事なスタート。その事前練習をまず見せてくれるのがスタート展示。ここではスタート展示の私なりの見方を簡単にお教えしたいと思います!とにかく「スタート展示はボーっと見るべし!」ボーっととは!?とにかく全体6艇をボーっと!先入観を持って見ると、特定のボートだけに注目してしまうので、全体的にボーっと見ましょう。

スタート展示とは「進入のコース取り」を見せてくれるもの。つまり、どのコースを取ってスタートするのかを見せくれます。ただここで注意しないといけないのは、このコース取りが本番で変わることもあるということ。スタート展示ではフライングをしても罰則はありません。あくまでも練習だからです。レーサーもスタート展示をし終えてピットに返るとスリット写真を見ることができます。その写真を見て自分がどれくらいのスタートを行ったのか確認し、それを踏まえて本番に修正してくるのです。

レーサーのなかには、展示で遅れていた方が本番にスタートを合わせやすいタイプや、ちょっとフライングしているほうが本番で合わせやすいタイプがいます。各レーサーの特徴を覚えてくると「このレーサーの展示のスタートは早めだな」とか「このレーサーはいつもスタート展示で遅れ気味だけど、遅れているくらいが本番はしっかりと良いスタートを切ってくるな」とかがわかってきます。ここまで覚えられるともう完璧な玄人ファンです(笑)。

スタート展示のどこをボーっと見るのかといいますと、
・スタート遅れていたけどスタート後に前のボートに追いついていったな
・スタート早すぎたけど、そのあと追いつかれたな
・スタート後に追いつかれたボートは伸びがちょっと弱いのかな?
・追いついたボートの伸びが良いのかな?
など、ぼーっとスタート展示を見てこういったことをチェックしていただきたい!

広告の後にも続きます

レーサーは「フライングしすぎると合わせにくいが、それでも遅れているときよりは合わせやすい」とよく言います。遅れすぎているときは「本番でスタートを展示より早めに行かないといけない」「スタートを突っ込まないといけない」というコメントが出ますが、やはりスタートを突っ込むには勇気もいりますし、フライングのリスクも出てきます。早い場合はそれを逆算して、ちょっと遅めにスタート行けばそれ以上早いスタートにはならないので、その方が合わせやすいといわれています。スタートには風がもちろん大きな影響をもたらします。追い風なのか?向かい風なのか? その風によってスタートはどれくらい遅れているのか? それとも早いのか?追い風状態でスタートタイミングが合っていないレーサーは、本番時に難しい修正が必要になってきます。

追い風ということは後ろから押されているわけですから、いつも以上にスピードが出るので、無風のときのようにスタート勘を合わせるのは難しい状況といえます。なので、追い風時にスタートタイミングが合っていないレーサーは、本番も合わない可能性が高いかもな、というような予想も成り立ちます。逆の発想としては「追い風でもスタートがドンピシャの選手がいたら買い」とも言えますね。ちょっと難しいことを書いてしまいましたかね?最初のうちはスタート展示はとにかくボーっと見て、スタート後にちょっと他のボートより出て行ったなとか、ちょっと下がったなとかをチェックしてみてください!

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル