top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

羽生結弦 祖母&叔母が“結婚報告ナシ”に苦言…親族からも反感買った“秘密主義”

女性自身

電撃結婚からわずか105日で離婚を発表し、波紋を呼んでいる羽生結弦(28)。

 

11月17日深夜、Xで発表した声明では《誹謗中傷やストーカー行為、許可のない取材や報道がなされています》と離婚の経緯を説明。その上で、《私が未熟であるがゆえに、現状のままお相手と私自身を守り続けることは極めて難しく、耐え難いものでした》と綴っていた。

 

「羽生さんは仙台の高級マンションを2部屋購入し、結婚後も家族と隣同士で暮らしていたといいます。しかし、羽生さんのお母さまは結婚には賛成していなかったそうで、羽生さんはそれを押し切って結婚したようです。ファンも多いだけに、活動に影響を及ぼすことを懸念されたのでしょうか……」(フィギュアスケート関係者)

広告の後にも続きます

 

離婚発表から1週間あまり経つが、余波は広がっている。発表当初のネットでの反応は、メディアへの批判が多くを占め、離婚理由についても擁護する声が圧倒的だったが、和田アキ子や杉村太蔵が疑問を唱え始めるなど、著名人から徐々に疑問の声が。

 

そして、羽生の親族たちもメディアの取材に応じ、“苦言”を呈しているのだ。

 

まず11月22、23日に公開された「現代ビジネス」の記事では、80歳を超える羽生の祖母が孫を慮りつつも《ゆづは叩かれて当然だと思います》とピシャリ。27日に公開された「文春オンライン」の記事では、羽生の叔母も心情を明かしている。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル