top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

一ノ瀬ワタル、『REBEL MOON』で洋画吹き替え初挑戦 「やっぱりビビったっすね~!」

Real Sound

一ノ瀬ワタル

 12月22日より世界独占配信されるNetflix映画『REBEL MOON — パート1:炎の子』の日本版スペシャルゲスト声優として、一ノ瀬ワタルの参加が発表された。

参考:BTSのVも虜に! 世界中から熱い視線を集める“規格外”の俳優・一ノ瀬ワタルとは?

 本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『ジャスティス・リーグ』などのザック・スナイダー監督が、黒澤明監督の『七人の侍』からインスパイアを受け、20年以上に渡って構想を練り上げてきたSFスペクタクル巨編。

 舞台は、巨大帝国“マザーワールド”が支配する銀河。暗い過去から逃げ、惑星の片隅の平和な村で暮らしていた、心優しい熱き戦士コラ(ソフィア・ブテラ/沢城みゆき)。しかしある日、帝国の刺客が現れ侵略を開始。コラは蹂躙された村人の敵討ちのために立ち上がり、様々な惑星を巡りながら共に戦う戦士“レベルズ”を探す仲間集めの旅へ。

 Netflixシリーズ『サンクチュアリ -聖域-』で主人公の若手力士・猿桜を演じ、本作で洋画吹き替え初挑戦となる一ノ瀬が演じるのは、あらゆる惑星を巡るコラが仲間集めをする上での重要なキーマンとなるラフマン。

広告の後にも続きます

 あわせて公開されたインタビュー映像では、スナイダー監督が手がけた作品の中でも特にアクション大作『300<スリーハンドレッド>』が好きだという一ノ瀬が、吹き替えの難しさや本作の魅力を語っている。

  一ノ瀬は「ザック監督の作品で一番好きなのは『300<スリーハンドレッド>』で、もう何回も見てるっすね! 勇気をもらえる。ザック監督のアクションはかっこいいが詰め込まれている。見ていてスカっとしますし、素敵なアクションが描かれています!」とスナイダー作品への想いを語る。出演が決まった心境については、「やっぱりビビったっすね~! 声優さんの仕事は声の出し方が全然違うので、俺の吹替でこの作品の足を引っ張らないようにしないと…っていうプレッシャーと緊張がありました。嬉しい思いはもちろんありましたけど、それよりプレッシャーの方がありましたね。この吹替を見るまでは気が気じゃなかったです」と明かした。

 知り合いの声優にマンツーマンで指導をしてもらうなど、入念に準備をしてアフレコに挑むも、実際に挑戦すると洋画吹き替えの難しさに直面したという一ノ瀬。「一番難しかったのは(演技の)引き算とラフマンの間に合わせるところです。“ハンター”っていうセリフがあるんですが、もう少し伸ばしてと言われたり。ちょっとオーバーに芝居をしていかなきゃいけないっていう風に教わっていたんですが、現場に入ると“それはやりすぎ”っていうのがあって、『なるほど』と思いました」と一ノ瀬は悩みながらも挑んだ現場を振り返る。アフレコで多くのことを学んだという本作の魅力について、「本当にスケールがでかいです。マザーワールドっていう敵の国がバリバリ強大で、太刀打ちなんかできない。これはコラ、頑張らないといけないですよ! 絶望に抗うコラの勇気に動かされました。こんなにコラが頑張っとるんやから、俺も頑張らないかん!っていう気持ちになれたっすな!」とコメントを寄せている。

 12月11日には、スナイダー監督、ソフィア・ブテラ、ペ・ドゥナ、エド・スクラインが来日し、ジャパンプレミアの開催も予定されている本作。ジャパンプレミアにはノーブル役の神谷浩史に加え、一ノ瀬の登壇も追加決定した。

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル