top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫を遊ばせるタイミングや時間は? 毎日のルーティンにしたいプレイタイムのアイデア

ねこちゃんホンポ

猫は今でも野性味を色濃く残している?!

猫について研究している多くの動物学者たちが、猫の習性には野生時代の名残が数多く残っていると指摘しています。人と一緒に暮らし、自ら餌を確保したり縄張りを守ったりする必要がなくなった今でも、猫は「狩り」や「縄張り」に執着しているというのです。

人が猫と暮らすことを選んだ最大の理由は、穀物や経典をネズミの被害から守るためだったと考えられています。猫のネズミを捕まえる能力が見込まれたため、猫はこれまでの自分たちの習性を変えることなく、人の近くで生活することで安全な環境を得られたのです。

そのため、猫は人と暮らす生き方を選んだ後も、野性時代の本能を捨てる必要がなかったのかもしれません。

猫を遊ばせるタイミングや時間

ではここからは、いまだに野生時代の名残がある猫を遊ばせるタイミングや時間について考察してみましょう。

猫を遊ばせるタイミング

狩りを成功させた後の食事は、狩猟欲求を満たすことにつながるでしょう。そのため、遊ばせるタイミングは愛猫の食事前がおすすめです。1日に複数回食事させる場合は、朝と夜の食事前に遊ばせると良いでしょう。

広告の後にも続きます

食事前に時間を作れない飼い主さんもおられるでしょう。その場合、飼い主さんの就寝前に遊ばせることをおすすめします。そうすることで、愛猫も疲れてしっかりと眠るため、飼い主さんの就寝中に運動会を始めることを防げるからです。

猫を遊ばせる時間

猫の狩りのスタイルは短期決戦型です。猫の瞬発力を最大限に引き出してあげることが重要で、遊ぶ時間の長さは求められていません。猫自身も、すぐに疲れて息が荒くなってしまうはずです。

1回の遊びは5〜15分程度で充分です。愛猫の息が荒くなってきたり、遊びに興味を示さなくなったりしたら、時間に関係なくその時点で切り上げましょう。

プレイタイムのアイデア

飼い主さんは、愛猫の狩猟本能をくすぐり、本気を出させるように工夫しましょう。そのためには、上手におもちゃを使うアイデアが大切になります。猫の獲物は、ネズミの他にも小鳥や昆虫、カエル、蛇などさまざまです。おもちゃを上手に使い、獲物の動きを上手に再現しましょう。

毎回同じだと猫も飽きてしまいます。想定する獲物を変えたり、おもちゃを別のタイプに変えたりしてみましょう。猫じゃらしタイプや釣り竿タイプなどで上手に獲物の動きを再現し、とどめを刺す時にはけりぐるみタイプを与えるなどの変化も効果的でしょう。

なお、子猫の頃に飼い主さんの手や足で直接遊ばせてしまうと、そのまま人の手や足を噛んでしまうようになることがあります。遊ぶ時には、必ずおもちゃを使うようにしましょう。

猫の狩りについて知っておきたいこと

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル