top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

最近よく聞く「寒暖差アレルギー」とは? 原因&改善法を専門医に聞く

オトナンサー


寒暖差アレルギーが生じる原因は?

【要注意】うそでしょ…? 実は「血糖値」が上がりやすい食べ物&飲み物10選

 朝晩は寒さが厳しくなる一方、日中は比較的暖かい日もありますが、そんなときに鼻水や鼻詰まりなどの症状に悩まされる人がいるようです。

 朝晩と日中の温度差が大きい時期に鼻水や鼻詰まりといった症状が出ることは、「寒暖差アレルギー」と呼ばれています。なぜ寒暖差アレルギーが生じるのでしょうか。症状を改善するには、どうしたらよいのでしょうか。草ヶ谷医院(静岡市清水区)・院長で、アレルギー専門医の草ヶ谷英樹さんに聞きました。

寒暖差アレルギーは「血管運動性鼻炎」に相当

Q.寒暖差アレルギーとは、どのようなものなのでしょうか。

広告の後にも続きます

草ヶ谷さん「寒い場所にいたり、急に冷たい空気を吸ったりすると、鼻水が出たり、鼻が詰まってしまったりするなどの症状で困る人は少なくありません。診察の際に『寒暖差アレルギーで困っています』と話してくださる人がよくいらっしゃいます。

この『寒暖差アレルギー』ですが、実は正式な病名ではなく、アレルギー学会の用語集にも記載されていません。医学的には『血管運動性鼻炎』と呼ばれる病気が、この寒暖差アレルギーに相当します。正確にいうと、この病気はアレルギーではないのです。そこで、寒暖差アレルギーを血管運動性鼻炎と仮定して解説したいと思います」

Q.血管運動性鼻炎を発症しやすい人の特徴はありますか。

草ヶ谷さん「血管運動性鼻炎の詳しい原因は明らかになっていませんが、一つの原因として、自律神経のバランスが関係しているといわれています。急に寒くなったり、寒い場所から暖かい場所に移動したりしたときに生じる刺激が、自律神経のバランスを乱し、鼻の粘膜の血管の収縮・拡張の調節を崩すことで、鼻水や鼻詰まりといった症状を引き起こすとされています。

血管運動性鼻炎を発症する人は、幅広い年代に見られますが、男女別で見ると、やや女性に多いともいわれています」

Q.血管運動性鼻炎と症状が似ている病気として、風邪や花粉症が挙げられると思います。これらの病気と血管運動性鼻炎の違いについて、教えてください。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル