top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

やつれた姿で苦悶する財前直見 取調室で何者かに語りかける浅野忠信 「湖の女たち」追加キャスト

映画スクエア

 吉田修一の同名小説を原作に大森立嗣が監督・脚本を務め、福士蒼汰と松本まりかがダブル主演を務める「湖の女たち」の劇場公開が、2024年5月に決まった。あわせて、浅野忠信、福地桃子、財前直見、三田佳子の出演が発表された。

 濱中圭介(福士蒼汰)を部下に、事件の容疑者を追い詰めるベテラン刑事・伊佐美を演じるのは浅野忠信。福地桃子が、事件の真相に迫う週刊誌の若手記者・池田由季役を務める。豊田佳代(松本まりか)と同じ介護施設で働き、伊佐美の強引な取り調べによって心身ともに追い詰められる介護士・松本郁子役には財前直見。本事件で殺された100歳の老人の謎めいた妻・市島松江を三田佳子が演じる。ほかに、近藤芳正、平田満、根岸季衣、菅原大吉、穂志もえか、奥野瑛太、北香那、大後寿々花らが顔をそろえる。

 公開された場面写真では、取調室で何者かに語りかける浅野、確固たる意志を持つまなざしで湖畔でにたたずむ福地、やつれた姿で苦悶する財前、そして着物姿で訪問者に対峙する三田の姿が切り取られている。

 「湖の女たち」は、琵琶湖湖畔の介護施設で100歳の老人が殺された事件を描いた作品。その謎を追う刑事と容疑者として嫌疑をかけられる介護士の女は、深淵なる湖に沈んだ、恐るべき真実にのみ込まれていく。事件を追う刑事・濱中圭介を福士蒼汰が、事件が起きた施設の介護士・豊田佳代を松本まりかが演じる。

 浅野忠信らのコメントも公開された。コメントは以下の通り。

広告の後にも続きます

【コメント】

■浅野忠信(伊佐美佑役)
『湖の女たち』に出演できて本当に幸せです!
大森監督のどこまでも俳優を受け止めてくれる演出に甘えて好きなように演じさせていただきました。そしてとても魅力的な俳優の方々とも深いところでお芝居を楽しめた事は貴重な経験となりました。
是非映画館で楽しんでいただけたらと思います。

■福地桃子(池田由季役)
いくつかの場面で人は本心を吐き出すことで孤独や恐怖心から解放され体が軽くなる。こうした心の拠り所というのを気付かぬうちにずっと求めているんだと感じました。
私が演じた池田という人は真実を見つめ美しい光を求めて歩き続けていました。
これまで見てきた私が思う記者像というのとは少し違った感覚があり、学びが多くありました。

■財前直見(松本郁子役)
人間の傲慢さ、欲望、儚さ、あやまちなど、どちらかといえばマイナスな部分をさらけ出し、湖がそのすべてをつつみこんで癒してくれる…そんな映画だと感じました。
大森監督と御一緒させていただいたのは初めてでしたが、自由にお芝居させていただき感謝しております。
刑事さんたちの執拗に追い詰める厳しい取り調べには、心が折れそうでしたが、それでも楽しい日々でした。
素晴らしい監督の演出と俳優さん達の演技、見応えある美しい景色と物語に、時間を忘れ魅了されてしまうと思います。

■三田佳子(市島松江役)
「90歳を越えたであろう老婦人」という思いもかけないオファーに少し戸惑いを感じた私ですが、原作が吉田修一氏、監督が大森立嗣さんであることを知り、後先を考えずに出演を決めてしまいました。
そして、この謎に満ちた老女もまた「湖の女」だったということが、演じる私にとって大きな魅力となりました。
福士蒼汰さん、松本まりかさん、浅野忠信さんと役で出会うことがなかったことが、ちょっぴり残念。
映画「湖の女たち」。熟成されたワインの様な大森監督の世界を、私も楽しみに味わいたいと思います。

【作品情報】
湖の女たち
2024年5月 全国公開決定
共同配給:東京テアトル、ヨアケ
©️2024 映画「湖の女たち」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル