top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

天翔けるドラゴン 交わる2つの剣 現実世界と異世界を実写とアニメで描く 「ワンダーハッチ」予告

映画スクエア

 2023年12月20日より「Disney+(ディズニープラス)」で独占配信される、日本発のオリジナルシリーズ「ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-」の、最新予告映像が公開された。

 映像は、本作の特徴である、実写とアニメの2つの映像が交差し、横須賀とウーパナンタの2つの世界の絡み合いが、壮大なアクションとともに描かれている。横須賀に住むナギは、部屋の本棚から突然飛び出してきた、ウーパナンタに住むタイムとドラゴンのガフィンと出会う。ナギは、崩壊の危機にあるウーパナンタを救うために、現実世界に飛ばされた英雄・アクタを探すタイムに力を貸すことになるが、同時に「2つの世界に隠された1つの真実」をめぐる大冒険に巻き込まれていく。

 ウーパナンタを恐怖に陥れる最恐のドラゴン乗り・ジャイロの「ハッチが…開いていく…!」という、タイトルに関連する「ハッチ(扉)」のワードが含まれたセリフをきっかけに、重厚な音楽で雰囲気が急転。海から浮かび上がる島々、「世界が世界を食い始める…」という不吉に謎めいたセリフ、ウーパナンタを創り出したとされる創造主の存在など、新たな真実が描き出される。

 映像の終盤には、コンビニ店員という表の顔を持つ謎の男・スペース/柴田と英雄・アクタが激しく剣を交わすアクションシーンや、現実世界に舞い降りた2体の巨大なドラゴンの空中戦なども収められている。

 「ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-」は、実写とアニメで2つの世界を描く映像表現を取り入れた、日本発のファンタジー・アドベンチャー超大作。実写で描く現実世界と、アニメで描くドラゴンが棲む異世界の2つの世界が描かれる。現実世界の横須賀で周囲の同級生たちになじめずに生きる主人公・女子高生のナギ(中島セナ)は、ある日もう一人の主人公で異世界ウーパナンタからやってきたという、落ちこぼれのドラゴン乗りの少年・タイム(奥平大兼)と出会う。別々の地で生きづらさを感じて生きていた2人による、2つの世界を巡る壮大な物語が描かれる。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-
ディズニープラス「スター」で2023年12月20日(水)独占配信
© 2023 Disney

 
   

ランキング(映画)

ジャンル