top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

宮本浩次から吉井和哉、Ado、優里まで……カバーで味わう歌声と原曲の奇跡的な調和

Real Sound

宮本浩次「Woman “Wの悲劇”より」

 圧倒的な歌声を持つシンガーはオリジナル曲のみならず、カバー曲でその実力が発揮されることも多い。親しまれてきたメロディだからこそ、歌声の魅力を存分に味わえるのだ。本稿ではここ最近で注目を集めるカバー曲を紹介していきたい。

(関連:宮本浩次は“歌”と向き合う 稲葉浩志、TAKURO……ソロでステージに立つ姿から知る新たな一面

 宮本浩次(エレファントカシマシ)は11月20日に薬師丸ひろ子「Woman “Wの悲劇”より」のカバーをリリース。原曲よりもダークさを強めたサウンドの中で宮本は緩急豊かな歌声を披露している。まるで囁くように歌うパートから、サビで一気にダイナミクスを上昇させる、強弱自在な表現はこれまでソロ活動で培ってきた歌唱の最新型と言える。

 宮本は『ROMANCE』や『秋の日に』といったカバー作品を多く発表してきた。「自分の曲でも何でもない大名曲をテレビで歌ったりすることで、自分が解放される感覚があるんです」(※1)とインタビューで語っていることからも自身の歌声と向き合う上でカバー曲は最適な手段の一つなのだろう。どんな楽曲も自身の身体へ還元する底知れない歌唱力は進化し続けている。

 THE YELLOW MONKEYの吉井和哉が10月にYouTubeにアップしたのはかつてのレーベルメイト・THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「世界の終わり」のカバーライブ映像。荒々しくも華やかな歌唱はチバユウスケを彷彿とさせ、吉井和哉の表現力の高さを強く実感できる。このライブ音源はカバー曲を集めたプレイリスト「吉井和哉 20 COVER Songs」でも聴くことができる。

広告の後にも続きます

 このプレイリストでは日本の昭和歌謡から演歌、デヴィッド・ボウイ、宇多田ヒカル、ユニコーンといった幅広いジャンルのカバーを聴くことができる。そのどれもが吉井の艶めかしい歌声によって新たな表情が与えられている。中でもOasis「Don’t Look Back in Anger」のカバーでは自身が書き下ろした日本語詞で歌唱(※2)。その類まれなる言語感覚とロックスターとしての気迫を堪能できる。原曲へと寄り添うアプローチの歌唱は彼の巧みなボーカリゼーションの証明と言えるだろう。

 Adoは11月15日よりTK from 凛として時雨「unravel」のカバーを配信リリースし、その卓越した歌唱スキルで強烈なインパクトを与えている。アニメ『東京喰種トーキョーグール』オープニングテーマとして世界的にも知られる楽曲を新たな解釈で歌いこなす。ウィスパーボイス、ファルセットを次々と切り替えながら、イノセントなシャウトを織り交ぜ、その世界観を切実に演出している。原曲を歌うTKも強い記名性を持つボーカリストだからこそ、全く異なる歌唱で原曲に挑んでいるように聴こえる。

 Adoは「unravel」を含むカバーアルバム『Adoの歌ってみたアルバム』を12月13日にリリース予定。「歌ってみた動画」から歌い手として活動を始めたAdoがメジャーフィールドで鍛えた歌声と共にカバー曲へと回帰するのは彼女のストーリーとしても劇的である。本作の収録曲はファンからのリクエストを踏まえた選曲であり、HoneyWorks「可愛くてごめん」など意外な楽曲も収録される。彼女のさらなる表現への挑戦が期待できるはずだ。

 優里は10月4日にCD限定で初のカバーアルバム『詩-80’s』をリリース。1980年代の邦楽から選曲した本作はフォーキーな楽曲を得意としている優里だからこそ、高い親和性を持ったカバーばかり。その力強く逞しい歌声によってどの楽曲も強い迫力を持って届けられる。

 尾崎豊「15の夜」のカバーは原曲の空気感を含みつつ、より泥臭くエモーショナルな質感を帯びている。とりわけそのハスキーなシャウトは楽曲の持つ焦燥感を体現しており、時代の名曲を歌い継ぐに相応しい仕上がりと言えるだろう。

 今支持されているカバーはどれもシンガーの持ち味と原曲との相性が奇跡的な調和を果たしているものばかりだ。これからも驚きと感動を呼ぶ名カバーの誕生を心待ちにしたい。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(音楽)

ジャンル