top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

多様な思いや考えを表現する場所だからこそ、安全な場所に TikTok「#ちょっとよくするムービーコンテスト」授賞作品発表

YESNEWS

「TikTok」を運営するTikTok Japanが、「#ちょっとよくするムービーコンテスト」授賞式を11月25日に開催。授賞作品が発表された。

本大会のアンバサダーにTikTok クリエイター ISSEI 、 ginjiro 、Erika、 AKB48 込山榛香が登壇。審査員として湯浅誠(東京大学特任教授)、山口真一(国際大学 GLOCOM 准教授)、荻上チキ( NPO 法人 ストップ いじめ! ナビ 代表理事)、辻愛沙子(株式会社 arca 代表 / クリエイティブ ディレクター)も授賞作品にコメントした。

「#ちょっとよくするムービーコンテスト」は、TikTokが発足した「TikTok 第3の居場所プロジェクト」の一環となるもの。SNSやオンラインコミュニティが若者たちのサードプレイス(第3の居場所)になっている現代。その一方で、デジタルの世界は誹謗中傷など不安や恐怖のもととなる危険もはらんでいる。そうした中で、デジタルの世界をもっと安心できる場所にするために、若者から募集した「ちょっとよくするムービー」を通じて、より良いアイデアを出し合うきっかけを作ることをテーマにしている。

オープニングでは、TikTok Japanの金子陽子氏が「TikTokというと、少し前までは若い女の子がダンスしている動画の印象をお持ちの方が多かったかもしれませんが、最近は生活の中で感じたちょっとした思いやジェンダーに対する悩み、あるいは新しいアイデアなど、いろんな動画が集まる場所になっています。多様な思いや考えを表現する場所だからこそ、誹謗中傷や性的な被害に遭わないなど、安全な場所であり続ける必要があります」と、このコンテストに込めた想いを語った。

受賞作品は、「気軽にアンチコメントをする前に、もう一度考えてみてほしい」といったユーザー側への啓蒙や、「ダンスしている映像を見ていたユーザーが一緒にダンスをする側になっていく」という、居場所を提唱するものなど様々。

広告の後にも続きます

クリエイター自身の気持ちを吐露するもの、メイク動画の中にメッセージを載せているもの、コント風の映像に作り上げているものなどバリエーション豊か。

アンチコメントをライスペーパーと生クリームに包んで食べてしまうという個性的な動画を作った、みか@ ライスペーパーネキは「普段動画を投稿していて アンチコメントが来 ることが結構あるのですが、やっぱり悲しいですよね。ただいくら悲しくても、 大体のクリエイターさんって我慢をするか削除するかで対応している人が多いと思います。でも私 が実際に動画内で悲しんでいる表情を視聴者さんに見せたら、悲しさが伝わってアンチコメントも減っていくのではないかと考えました」と動画制作への気持ちを語った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル