top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

秋篠宮邸 高額改修を宮内庁長官が異例の“公開謝罪” 背景にあった「紀子さまのお怒り」

女性自身

「宮内庁の判断で、整備した部分の工事費が結果的に高額になってしまい、少しでも費用を抑えたいという秋篠宮ご夫妻のお気持ちに十分応えられず、大変心苦しく思っている……」

 

11月22日に行われた定例記者会見で、そう語ったのは宮内庁の西村泰彦長官だった。唐突ともいえる“謝罪”に居合わせた記者たちも驚いたという。

 

皇室担当記者はこう語る。

広告の後にも続きます

 

「秋篠宮邸の大規模改修費用については、昨年9月の工事終了時に約30億2千万円と発表されています。“高額すぎる”と物議を醸しただけではなく、今年6月には佳子さまが旧御仮寓所で一人暮らしをしていることも発表され、批判に拍車がかかりました。

 

それから5カ月もたってからの宮内庁長官の改修工事についての説明に、記者たちも大きな違和感を覚えたのです。質問があったわけでもないのに、言及は5分にもわたり、“異例の説明”と報じたテレビ局もあります」

 

長官は30億円という改修費用の大部分は私室部分ではなく事務室などの公の部分にかかったもの、コロナ禍に伴って工期が延びて感染対策の費用がかさんだこともあって“結果的に”高額になってしまった、などと説明した。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル