top_line

気持ちいい!サクサク進む爽快パズルゲーム
「ガーデンテイルズ」はここからプレイ!

秋篠宮邸 高額改修を宮内庁長官が異例の“公開謝罪” 背景にあった「紀子さまのお怒り」

女性自身

 

だが宮内庁関係者によれば、

 

「西村長官は、佳子さまの一人暮らしが発表された後に、『(皇嗣職による発表は)タイムリーでなかった』と、苦言まで呈しています。秋篠宮邸に関する批判は、あくまで秋篠宮家や皇嗣職の問題であるという姿勢を見せていたのです。

 

広告の後にも続きます

それにもかかわらず、会見という場で、高額になった責任は宮内庁にあるとしたのです。秋篠宮ご夫妻に対し“公開謝罪”せざるをえなかったのは、秋篠宮ご夫妻、特に紀子さまの非常に強いご意向があったからと思われます。

 

11月30日は秋篠宮さまの58歳のお誕生日であり、それに先立って行われた記者会見での質問事項には、改修工事についてのものもあったそうです。『このまま何も手を打たず、殿下を批判の矢面に立たせるつもりですか』という紀子さまの長官に対するお怒りも伝わってきました」

 

静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次さんも次のように語る。

 

「このタイミングでの宮内庁長官の説明は、秋篠宮さまの記者会見前の“露払い”という意味があったようにも感じています。秋篠宮家は工事費の増額を望んでいなかったにもかかわらず、宮内庁の努力不足で期待に沿えなかったという構図を演出することで、秋篠宮家への批判の声をそらすことを意図したとも思えます。

 

秋篠宮家に非はないというならば、秋篠宮さまご自身が改修費や佳子さまの一人暮らしに関する説明を誠実に行われたほうが、国民からの信頼を回復することができるのではないでしょうか」

 

眞子さんの結婚問題以来、批判にさらされ続けている秋篠宮家だが、記者会見で秋篠宮さまの笑顔を見ることはできるのか。

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル