top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

北九州国際映画祭での青山真治監督追悼特集、映画人コメント第2弾到着

キネマ旬報WEB

 

北九州国際映画祭(KIFF2023)にて、同地の出身であり令和4年3月に逝去した青山真治監督の追悼特集〈帰れ北九州へ──青山真治の魂と軌跡 SHINJI AOYAMA RETROSPECTIVE 2023〉が行われる(12月14日~17日)。

上映作品は北九州サーガ3部作の「Helpless」「EUREKA ユリイカ」「サッド ヴァケイション」、ならびに「共喰い」「東京公園」「空に住む」の全6本。上映館は、昨年8月の焼失から再建された老舗の小倉昭和館で、本特集がこけら落としとなる。

 

 

広告の後にも続きます

青山監督と縁のあった映画人のコメント第2弾が到着した(第1弾はこちら)。

菅田将暉(俳優)
正直まだうまく飲み込めずにいます。
明日にでも連絡が来て、また現場で会えることを楽しみにしている自分がいます。
19歳の夏、映画『共喰い』に出会い、青山真治監督と出会い、僕は人生が変わりました。
人の生活と映画のこと、俳優部と映画のこと、音楽と映画のこと、撮影の前日に何度も観ている映画のこと、
時々酔っ払ってはミックジャガーを踊り、色んな話をしてくださいました。
その全てが無知な自分に突き刺さり、今の自分が形成されています。
撮影現場で褒められた事は二つだけで、皿洗いが下手な事とステーキを右から切った事でした。
試写会で自分の不甲斐なさに落ち込んでる時に「遠馬、あと5本やろう」と言ってくれた言葉が頭から離れません。
どんな現場にいても、どんだけしんどくても、観られているかもしれない、と思うと不思議な力が湧いてきます。
29歳になり、そろそろ青山監督に怒られないとな、と思っていた矢先、でした。
なので、まだまだ会いたいです。また一緒にロカルノに行きたかったです。
あのロックスターみたいな佇まいや酔って真っ赤になって寝ている姿を見たかったです。今なら一緒に真っ赤になれると思います。

いつまでもそんなことを夢見ているとは思いますが、これからもきっと観てくれていると信じ、現場に生きます。そして映画を観て、会いに行きます。

出会えたことが僕の誇りです。
青山真治監督、ありがとうございました。

黒沢清(映画監督)
青山は太い映画というハイウェイを、横に文学と音楽をたずさえて、いったいどこを目指して疾走していたのだろうか。私は東京にいる彼しか知らなかったが、その目はいつも北九州の方角を見ていたように思う。出生地であり終着点でもあるその場所が彼にとって何であったか、映画や文学や音楽にとってそれは何を意味するのか、それがこれから、ゆっくりと時間を掛けて明らかになっていくだろう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル