top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

甦った偉人たちの内閣が日本を救う。浜辺美波 × 赤楚衛二 × 野村萬斎「もしも徳川家康が総理大臣になったら」

キネマ旬報WEB

 

徳川家康が総理大臣だったら、今の日本をどう導くのか。歴史上の偉人がコロナ禍の日本に現れたら、どうピンチを乗り越えるのか──。そんな“もしも”を描いた話題のビジネス小説で、コミカライズもされている『もしも徳川家康が総理大臣になったら』(著:眞邊明人 発行:サンマーク出版)が、浜辺美波、赤楚衛二、野村萬斎の共演で映画化される。

スタッフは「翔んで埼玉」の監督・武内英樹、脚本・徳永友一、音楽・Face 2 fAKEが再結集。公開は7月26日(金)より。

 

 

広告の後にも続きます

コロナ禍の2020年、首相官邸でクラスターが発生し、総理大臣が急死した。窮地に陥った政府は、《AIとホログラムにより歴史上の偉人たちを復活させ、最強内閣を作る》計画を実行する。

総理大臣には徳川家康(野村萬斎)、官房長官には坂本龍馬(赤楚衛二)が選ばれ、さらに織田信長、豊臣秀吉、紫式部、聖徳太子、北条政子、徳川吉宗、徳川綱吉、足利義満らが閣僚に。

カリスマ内閣のえげつない実行力に国民は熱狂。そんな中、スクープを狙って坂本龍馬に接近した新人記者の西村理沙(浜辺美波)は、事態をめぐる陰謀に気づいてしまう──。

 

〈コメント〉

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル