top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

永野芽郁&高橋文哉初共演 今泉力哉監督が人気コミックを実写映画化 映画『からかい上手の高木さん』

otocoto

永野芽郁&高橋文哉が初共演で、山本崇一朗による人気コミックを実写映画化する、映画『からかい上手の高木さん』が公開される。

隣の席になった女の子・高木さんに何かとからかわれる男の子・西片。どうにか高木さんにからかい返そうと策を練るもいつも見透かされてしまい失敗。そんな2人のからかいをめぐる日常を描くストーリーが話題を呼び、原作はシリーズ累計発行部数1,200万部を突破する大ヒットを記録。これまでTVアニメ化、アニメ映画化が発表され、その都度大きな話題となった。

本作は、中学生時代から10年後を描く、オリジナルストーリー。主演の高木さんを演じるのは永野芽郁。西片のことをからかっていた中学生時代から10年が経ち、教育実習生として母校へ帰ってきた高木さんを演じる。

高木さんにいつもからかわれ、からかい返そうとするも失敗ばかりしていた西片を演じるのは、現在放送中のTVドラマ「フェルマーの料理」ではW主演を務めるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する高橋文哉。映画では大人になり母校で体育教師となった10年後の西片を演じる。

メガホンを取るのは、『愛がなんだ』『街の上で』『ちひろさん』、最新作『アンダーカレント』など数々の作品を手掛けてきた今泉力哉。

広告の後にも続きます

【コメント】

▼永野芽郁
お話を頂く前からいち視聴者として原作やアニメを拝見していたので、「からかい上手の高木さん」の世界に入ることができてとても嬉しいです。小豆島には島の至る所に高木さんが描かれていて、作品への愛を感じながらのびのびと楽しく演じさせていただきました。

高橋さんとは初共演で、凄く真摯に西片という役と作品に向き合われる方だな、という印象だったんですが、段々と役の仲の良さも深まっていく毎に、私たちも高木さんと西片のようにからかい・からかわれるっていう関係性が出来てきて(笑)ちょっとどこかで姉弟っぽさもありながら過ごせた気がします。

自然豊かで穏やかな小豆島で全編撮影できたことによって、きっとスクリーンの中にも穏やかで温かく、観ていて心地の良い映画が出来るのではないかなと思いますので、映画の公開を楽しみにして頂けたら嬉しいです。

▼高橋文哉
以前から原作を存じ上げていたので、お話を頂いたときは凄く嬉しかったですし、西片を演じることができてとても光栄です。

これまであまりからかわれてこなかったのですが、撮影の期間を通して永野さんにからかわれながら、変な居心地の悪さみたいなものが心地よくて、西片と通ずるものがあるなと感じています(笑)

原作の10年後を演じさせて頂いているのですが、シーンひとつひとつに2人の関係性やキャラクターなど素敵なところが詰まっていて、皆さまのご期待を裏切らない作品になっていると思います。僕自身、聖地である小豆島で撮影させて頂けることに凄くワクワクしましたし、撮影している中で実際に原作に描かれている場所や、島の雰囲気に触れられる瞬間が常にあるので、凄く感動しました。公開まで是非楽しみに待っていただけたらなと思います。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル