top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

意外と知らない? かかりつけ薬局&薬剤師を持つメリットは? 専門家に聞いてみた

オトナンサー


かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師を持つメリットは?

【理由も解説】「1996年以前」と「現在」の錠剤シートを見比べてみたら…実は全然違うって知ってた?

 医療機関を利用する際は、「かかりつけ医」を持つことが大事だといわれます。かかりつけ医がいれば、病気になったり、健康上の不安を感じたりしたときなどにすぐに相談することができます。

 ところで、かかりつけ医と同様、「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」を持つことはできるのでしょうか。その場合、どのようなメリットや注意点があるのでしょうか。薬剤師の真部眞澄さんに教えていただきました。

副作用などのリスクに対応しやすい

Q.そもそも、「かかりつけ薬局」「かかりつけ薬剤師」を持つことはできるのでしょうか。

広告の後にも続きます

真部さん「あまり知られていないかもしれませんが、医療機関などと同様、薬局・薬剤師のかかりつけは可能です。その際、患者が自由に薬局や薬剤師を選ぶことができます。

かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師を指定するには、お願いしたい薬局・薬剤師の元に行き、同意書に関する説明を受けたり、同意書の内容を確認したりする必要があるほか、署名などの手続きが必要です」

Q.では、かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師を持つと、患者、薬剤師にそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

真部さん「担当の薬剤師が薬を調剤することで、長いスパンで患者の健康状態の把握や管理ができるという点がメリットです。副作用や健康状態はさまざまな理由や要因が折り重なっていることが多いため、『薬が合っているのか』『副作用はないか』といった複合的なリスクへの対応もしやすくなるでしょう。

緊急で対応してもらいたいことがある場合、薬局の開局時間以外でも、かかりつけ薬剤師に電話やチャットなどで対応してもらうことが可能です。必要に応じて、医師に連絡してフィードバックをしてもらったり、薬の変更をしてもらったりといったサポートをスムーズに受けることができます」

Q.かかりつけ薬局やかかりつけ薬剤師を持った場合、費用がかかるのでしょうか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル