top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

“がけっぷちの女優”蓮佛美沙子と“若手ディレクター”伊藤万理華 「女優は泣かない」キャラ別予告

映画スクエア

 2023年12月1日より劇場公開される、CMディレクターでドラマ作品の脚本・監督を手がけてきた有働佳史が、生まれ育った熊本・荒尾を舞台に長編映画初監督に挑んだ「女優は泣かない」の、3種類のキャラクター別予告編が公開された。

 1つ目は、スキャンダルで仕事を失った女優・梨枝(蓮佛美沙子)を中心にした「梨枝バージョン」。自身の密着ドキュメンタリーを撮るはめになるコミカルな前半から⼀転、疎遠だった家族の問題に再び向き合うことになった梨枝の表情が収められている。2つ目は、生意気なテレビディレクター・咲(伊藤万理華)の物語を軸にした「咲バージョン」。希望のドラマ部への異動を上司からちらつかされた咲が、梨枝の密着ドキュメンタリーに挑むも、才能の限界を感じて苦悩と焦りを抱える姿が切り取られている。また、梨枝と咲を取り巻く個性豊かなキャラクターたちを収めた「共演者別予告編」も公開された。

 「女優は泣かない」は、スキャンダルで女優の仕事を失った主人公の梨枝と、ドラマ部志望の若手ディレクターの咲が、“女優が生まれ故郷の熊本で素顔を見せる”密着ドキュメンタリーの撮影に、渋々挑む姿を描いた作品。互いに衝突しながらも、女優復帰と希望部署への異動をかけて再起を図ろうとする2人。そんな崖っぷちの彼女たちが、家族の問題や才能の限界などの厳しい現実に直面しながらも、過ちやコンプレックスを乗り越え、やがて自分の居場所、ルーツを再発見するまでを描く。

 脚本完成に2年近く、企画立案から完成までに6年を費やした。有働監督の「地元で映画を撮る」という執念が結実した作品となっている。主人公の梨枝を演じるのは、「鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成」「あちらにいる鬼」「スイート・マイホーム」などの蓮佛美沙子。若手ディレクターの咲役を、「サマーフィルムにのって」などの伊藤万理華が勤める。また、梨枝の同級生でタクシー運転手の拓郎役を、「あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。」の公開も控える上川周作が演じる。

【作品情報】
女優は泣かない
2023年12月1日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:マグネタイズ
©2023「女優は泣かない」製作委員会

 
   

ランキング(映画)

ジャンル