top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

音を鳴らすと女性の姿が現れる 静寂と戦慄の一夜 ホラー「サウンド・オブ・サイレンス」予告

映画スクエア

 2024年1月26日より劇場公開される、「ザ・レイド」シリーズなどを手掛ける「XYZ Films」と新進気鋭の監督ユニット「T3」のタッグによるホラー映画「サウンド・オブ・サイレンス」の、予告映像が公開された。

 予告映像では、歌手を夢見て都会に出ていたエマが、父親の入院の知らせを受けて故郷へ帰り、生家で過ごすことになるシーンから始まる。古いラジオのスイッチを入れたり電話の音がなると、ある女性の姿が現れる。音が鳴ったら現れる“それ”。しゃべってはいけない、音を立ててはいけないという沈黙の恐怖体験の様子が描かれている。

 「サウンド・オブ・サイレンス」は、久しぶりに故郷へと帰って来たエマの恐怖を描いた作品。ニューヨークで歌手を目指しているエマは、オーディションに落ち続けて自信を失っていた。そんな中、実家で暮らす父親が入院したというしらせが入り、恋人のセバと一緒に故郷のイタリアへと向かう。父親は面会謝絶となっており、母親に理由を聞くが、急に暴れ出した父親から殺されそうになったと震えるばかりだった。その夜、実家に泊まることになったエマは、ガラクタ修理が趣味だった父親の隠し部屋で見つけた古いラジオが、ひとりでに音楽を流し始めるたため、不審に思いつつもスイッチを切る。その瞬間に何かの気配を感じ取ったエマが、スイッチを入れて再び音楽が流れ始めると、“それ”が目の前に現れる。

 監督のアレッサンドロ・アントナチ、ダニエル・ラスカー、ステファノ・マンダラは、アメリカ最大のホラー映画祭であるスクリームフェスト・ホラー映画祭において、2018年に共同製作した「デス・アプリ 死へのカウントダウン」が選出されるたあと、「T3」という映画製作ブランドを創設。イタリアを拠点として、数々の短編ホラー映画を生み出す。本作は、2020年に同映画祭に選出されて好評を得た短編を元に、「T3」初の英語長編映画として完成させた。

【作品情報】
サウンド・オブ・サイレンス
2024年1月26日(金)より、全国ロードショー
配給:アルバトロス・フィルム
© 2022 T3 Directors SRL

 
   

ランキング(映画)

ジャンル