top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

スナックのママ(28歳)が「結婚・出産に興味が持てない」理由

日刊SPA!

上野駅から徒歩2分のビルの地下で、「スナック まきぱん(27)」を経営しているまきぱん(28歳)と申します。人生をお酒にコミットするべく、新卒入社した大手企業を退職し、脱サラ起業して自分の店を持ちました。365日飲酒している生粋の酒好きが、夜の世界だったり、時に昼の世界に思うことをつらつらと綴っていきます。
さて、Instagramを開けば結婚式や子どもの写真に溢れており、久しぶりに会った友人からは、近況報告も早々に「彼氏いないの? 結婚したくないの?」と100パーセント言われる今日この頃。“結婚適齢期”の女性は、恋愛や結婚の話から避けて通れない。まだまだそんな世の中が続いていると実感しています。

◆結婚・出産に興味がない私

マッチングアプリの台頭で出会いはカジュアルになり、意中の人に出会えるチャンスが広がっているはずなのに、日本の婚姻率と出生率は下がり続ける一方……。

かくいう私も「絶対に結婚したくない」「子どもは授かりたくない」という強い意思があるわけではないものの、少なくとも現時点では興味がありません。

時には、「(異性に興味がない)マイノリティなんだね」と言われることもありますが、そんなことはありません。好きなタイプは、“みるからにラグビー部”ですし(筋肉質なお客様お待ちしております)、「子ども嫌いなの?」とも聞かれますが、他人のお子さんは可愛いです。授かってないのに、ベビーシューズを見ればそのかわいらしさに身もだえしてしまいます。

にもかかわらず、なぜ私は“結婚にも出産にも興味がない”のか。自分語りとなりますが、「現時点で興味がない(※一生望まない訳ではない)アラサー女性のサンプル」としてお付き合いください。

◆1人の相手と添い遂げられるのか?

まず初めに、結婚に興味がない理由は、至ってシンプルです。「ずっと好きでいられる自信がないから」です。これまでの人生、恋愛は割と一途に片思いなりお付き合いなりをしてきた自負はあります。ただ、その期間は長くても5年くらい。1人の相手と残りの人生数十年間を添い遂げられるのか、甚だ疑問ではあります。

「嫌いになったら離婚すればいいじゃん!」という意見もあるでしょうけど、今の時点では全く必然性を感じられません。労力をかけるメリットを感じられないんですよね。

◆「子育てはリスク」だと思う

次に、出産についてです。こちらは「子育てはリスク」という持論があります。出生前診断があるとはいえ、生まれてくる子が心身ともに健康かは保証できません。そうでない場合、自分が我が子を愛することができるのか……出産を後悔しないか……。

たとえ健康で生まれてきても、外界に放ちいじめにあった時、私は我が子を守れるのか……。引きこもりにはならないか……。また反対に、誰かを傷つける側になってしまわないか……。大学受験や就職活動に失敗して、気を病んでしまうことはないか……。就職した会社で、ブラック企業やパワハラ上司に潰されてしまわないか……。早すぎる妊娠もせず、パパ活という名の売春にも手を染めず、歌舞伎町でオーバードーズを繰り返さず、平穏に成人を迎え、自活するところまで育てることはできるのか……。

◆やっぱり「わざわざいいかな」

昔だったら、治安の良い場所に住むとか、私立の学校に入学させるとか、物理的に危険から距離を置くことができたけれど、YouTubeやSNSの発達により、触れさせたくない情報を遮断させることは難しいワケです。子育ては、自分のコントロールが効かない範囲が広すぎる。

反対に、コントロールしようと理想を我が子に押し付ける毒親になってしまわないかとも思います。自分の理想に近づくためには、自分を律して努力すればいいけれど、簡単ではないですよね。

きっと子どもを授かるという選択をすることで、想像もつかないくらい幸福感を得られるのでしょう。でも、私にはそのリスクを取るのが怖いし、やっぱり「わざわざいいかな」と。

「こういう若造がいるから国力が落ちるんだ」とお叱りになりたい方もきっといるでしょう。ぜひお酒を飲みながら、ご意見聞かせてください(笑)。

なお、これは現時点での主張です。絶対的なポリシーがあるわけでもなく、ノリと勢いで生きているので、今夜出会った方と明日には入籍してたらごめんなさい!

<TEXT/まきぱん>



【まきぱん】
上野にてスナックを経営する27歳。大好きなお酒にコミットするべく鉄道会社を退職し、ほぼ未経験の世界へ転身。TOEIC910取得。趣味は海外一人旅。Twitter、Instagramなど:lit.link
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル