top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

7割以上の人が商品パッケージのままでもOK  配送用梱包に関する調査

もっとエンタメ

 コロナ禍を経て、以前よりさらに使う機会が増えているオンラインでのショッピング。便利だけれど、小さな商品が緩衝材入りの大きな箱で届くと、箱の処理はもとより、“環境的”にもちょっと後ろめたい気持ちになったりする。Amazon(東京)がオンラインショッピングと配送用梱包(こんぽう)に関する意識調査を実施したところ、日本の消費者の7割以上は、オンラインで注文した商品の多くについて、配送用の梱包を省き商品パッケージのままで配達されることに抵抗感がなかった。

 オンラインショッピングを利用する日本在住の18歳以上の2000人を対象に、10月に調査。商品パッケージのままで配達されることに特に抵抗感がない商品は、洗剤、トイレットペーパー、文房具など。商品パッケージのままでの配達に関するメリットとして、「追加の梱包を処分・リサイクルする時間を省くことができる」(53%)、「梱包資材の削減につながる」(47%)などが挙がった。

 同社では2015年から、グローバルで1出荷あたりの梱包重量を平均41%、梱包資材を200万トン以上削減。2022年に全世界で出荷した商品のうち11%はAmazonの追加梱包を省いた形で配送しているという。

 
   

ランキング(くらし)

ジャンル