top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

北川景子、小川眞由美の淀殿を参考に役づくり 「どうする家康」ファン感謝祭にムロツヨシとサプライズ参加

シネマトゥデイ

サプライズ登場した北川景子&ムロツヨシ

 北川景子が27日、NHKホールにて行われた大河ドラマ「どうする家康」ファン感謝祭にサプライズで登壇。織田信長の妹・お市と、その娘・茶々という二役のオファーがあったとき「どちらかじゃダメですか?」と相談したことを明かしていた。イベントには主演の松本潤(徳川家康役)、大森南朋(酒井忠次役)、山田裕貴(本多忠勝役)、杉野遥亮(榊原康政役)、板垣李光人(井伊直政役)、音尾琢真(鳥居元忠役)、木村昴(渡辺守綱役)、松本若菜(阿茶局役)、松山ケンイチ(本多正信役)のほか、北川と共にサプライズゲストとしてムロツヨシも登壇。大久保忠世役の小手伸也がMCとして参加した。

 前半では信長(岡田准一)の妹で幼いころから家康に思いを寄せていたお市として凛とした爽やかな姿を見せた北川。その後、お市の娘で秀吉(ムロ)の側室として家康をけん制する茶々を一人二役で演じるオファーを受けたとき「どちらか一つじゃダメですか?」と相談したという。

 その際、脚本を務めた古沢良太の「一人で二役やるから面白いと思う」という言葉を聞いてチャレンジしたという北川。それでも「顔が一緒の人間が二役をやるというのはどうなんだろう」と思い、「扮装だけははっきりと分けてほしい」とお願いしたという。さらに茶々のイメージとして、以前大河ドラマ「葵 徳川三代」(2000)で小川眞由美が演じていた淀殿を参考に役を作っていったという。

 次々と新キャストが発表されるなか、茶々だけはなかなか発表されなかった。北川も「お市の方で一度クランクアップして花束ももらったんです」と語ると「その約1か月後にまたクランクインですと言われて戻ってきました」と苦笑い。北川は「ずっと(人物相関図の)茶々のところが黒塗りになっているのがしんどかった。“えー北川さんがやるの?”と思われるんじゃないかと……」と秘密にしていた時間の苦悩も。

 そんな重圧に耐えられず、唯一、夫・秀吉役のムロにだけは「わたし茶々なんです」と話していたそうで、ムロも「どうやってお市様と別れようかと思っていたら……」と驚いたことを明かしていた。

広告の後にも続きます

 イベントの来場人数は2,844名。応募数38,701件、当選倍率25.2倍だった。(磯部正和)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル