top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

福山雅治、自身のライブフィルムで映画監督に初挑戦 「究極の“ライブの理想像”を追求」

Real Sound

『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』©︎2024 Amuse Inc.

 福山雅治初のライブフィルム『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸(さき)わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』が、2024年1月12日よりDolby Cinemaほかにて先行公開、1月19日より4週間限定で全国公開されることが決定した。

参考:福山雅治、『ウィッシュ』ヴィラン役の日本版声優に 「驚いたのと同時にすごく光栄」

 2023年の夏に開催された福山のライブ『言霊の幸わう夏 @NIPPON BUDOKAN 2023』を、福山自身が監督を務め映画化する。福山とファンにとって、3年半もの間コロナ禍で長く制限されていた声出しが解除されてから初のライブ。観客から福山へ生で届いた多くの歓声、そしてオーディエンスの熱狂と興奮が会場を埋め尽くし観客一人一人と繋がった夏が、新たな映像作品として劇場で蘇る。

 福山本人が映画初監督を務め、ライブの総合演出、映像、音の全てを監修。実際のライブを40台以上のカメラで360°全方位、日本武道館史上初となる、アリーナに観客を入れた状態でのドローン撮影が実施された。さらにDolby Atmosの音響技術を駆使し、細部に至るまで徹底的にこだわって理想の音の表現を追求。本作を制作する上で福山が目指したのは、「まるでライブを見ているような擬似体験」ではなく、「“ライブを超えたライブ”体験」。今回の映像制作において、自身の脳内にある“理想のライブの音”、“理想のライブ演出、そして映像世界”を追求した究極の“ライブを超えたライブ”を、2023年の最新のテクノロジーを駆使して映画化した。

 本作には映画ならではのストーリー性も盛り込まれており、俳優の柊木陽太が演じる「少年期の福山雅治」が作品の鍵を握る。柊木は、福山が主演を務めたTBS日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』で自身が演じたキャラクター・皆実広見の少年期を担当している。また、随所に福山の故郷・長崎で撮影された実景のインサートやCG演出も施される。

広告の後にも続きます

 あわせて公開された予告編は、武道館に訪れる少年のシーンからはじまる。自身の夏曲の代表する楽曲「虹」をはじめ、『名探偵コナン ゼロの執行人』の主題歌「零 -ZERO-」、さらに、未完成の新曲として初披露され、まもなく公開を迎える映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の主題歌「想望」などを収録。福山がこれまで生み出してきた数々の楽曲たちが、ドローン映像や360°映像、さらに福山本人が総合演出を手がけるステージ上の様々なシーンとともに映し出されている。

 また、ビジュアルに描かれるのは、柊木演じる少年期の福山と、2023年現在の福山、そして観客の姿。福山が本作に込めた想いが表現されている。

 さらに、ムビチケカード2種(通常版「一般販売デザイン」とファンクラブ版「オフィシャルファンクラブ限定デザイン」)の発売も決定。今回のライブの1シーンを切り取った、それぞれ異なるムビチケ限定デザインとなっている。12月8日より、通常版は本作が上映される劇場およびオンラインにて販売され、ファンクラブ版は、アーティストオンラインショップ「A!SMART(アスマート)」にて販売される。また、全国公開に先駆け、1月12日から1月18日まで全国のドルビーシネマほかにて実施される先行上映分の座席指定チケットが、12月25日から早期発売される。

■福山雅治 コメント
1年ほど前に「そのライブ会場で音を聴いているような音響でライブフィルムを作りませんか?」というお話をいただきました。初めてその提案を聞いた時、正直全然乗り気ではありませんでした。オーディエンスの皆様にとってのライブでの熱狂と興奮は、本物のライブにしかないと思っていたので、わざわざ映画にする意味がどこにあるのだろう?と。それでも「どうアウトプットするかは後から決めることにして、まずは最新の機材でライブ映像を収録してみませんか」というスタッフの後押しもありプロジェクトがスタートしました。
動き始めた以上、ライブの総合演出を担う自分がこの作品のテーマを考えるのは当然のことです。そこで先ず、日曜劇場『ラストマンー全盲の捜査官ー』で皆実広見の子供時代を演じてくれた俳優の柊木陽太さんに「少年時代の福山」を演じてもらうことを提案しました。そうすることで「少年期の自分が、2023年の自分に逢いに行く」という物語を付加することができました。
そして「Dolby Atmos」の音響をほぼ完全再現できるスタジオでの作業を行う過程で、やっとこの映画作品を作る意味・意義が自分の中で明確に見えてきました。この作品を通じて届けたいのは、まるでライブ会場にいるかのような擬似体験では無く、「僕の脳内にある“理想のライブの音”、“理想のライブの映像世界”を追求した、究極の“ライブを超えたライブ”」を2023年の最新のテクノロジーによって体験していただくこと。
本作の本質に辿り着けたこと、そして作品の全責任を担うという意味で、結果的に自らを「監督」とさせていただいております。究極の“ライブの理想像”を追求した映画作品、『FUKUYAMA MASAHARU LIVE FILM 言霊の幸わう夏 @NIPPONBUDOKAN 2023』完成まであと少しのところまで来ています。公開を乞うご期待。
(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル