top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

コムドットやまと、スカイピース主催のバレー大会での一部ファンの行動に苦言「すごく寂しいし悲しい」

yutura

11月25日に開催された「スカイピース」(登録者数463万人)主催のYouTuberバレーボール大会をめぐって、「コムドット」(同381万人)のリーダー・やまとがファンに苦言を呈しました。

スカイピースのバレーボール大会

この大会は、テオくんと☆イニ☆(じん)がそれぞれYouTuberを集めてチームを組み、1年間の練習の後に対決するという企画で、「コムドット」の「ゆうま」や「ひゅうが」、「水溜りボンド」(同416万人)のカンタ、「レイクレ」(同202万人)の「たかし」、「サワヤン」(同171万人)など16名の人気YouTuberが参加していました。

25日の試合はフルセットにもつれ込む展開となり、終了後のインタビューではイニが涙で感謝を伝える場面も。ライブ配信の最高同時接続数は13万人に上るなど注目を集めました。

しかしSNSでは、撮影禁止にもかかわらず撮影をするファンがいたり、ハーフタイムに関係者席に行ったりするファンがいるなど、一部のファンのマナーの悪さが指摘されることに。

これを受けやまとは25日夜にインスタグラムでライブ配信を実施しました。

マナー違反が多数?「会場が統制されてなかった」とも

広告の後にも続きます

当日、メンバーの応援のため会場に駆けつけていたやまとは、フードを被った上、手を振るなどのファンサービスも一切していませんでした。これには

自分にスポット当たることが他のプレイヤーに対しても申し訳ないし、配信見てる人もあまりいい気しないんじゃないかと

と、プレーヤーへの配慮があったのだとか。会場入りする際も目立たないようにしていたそうです。

動画を撮影している人が1人もいなければ、手を振っていたと話すやまと。実は問題となる行動をとっていたファンは「一部」というレベルではなかったらしく、「会場が統制されてなかった」というほど。やまとは、自身が主催していたなら即刻退場などの厳しいルールを定めていたと話します。

そんな中でも「お邪魔してる立場」として、「ルールを守ってくれてるファンの人に対しても示しをつけないといけない」との考えで、ファンサービスをしなかったといいます。

またやまとは、プレー中に出場していない人の名前を呼んだり、手を振ったりするのはマナー違反だとして、自分がプレーヤーなら「すごく寂しいし悲しいよね」とコメント。良い試合だった半面、心のどこかに「モヤモヤが残ったまま」会場を後にしたと語りました。

やまとは、ルールを守っている人は誇りに思ってほしいとし、ルールを守っていない人については自分たちが対処するので、直接攻撃する必要はないと呼びかけました。ファン同士が言い争いをしているのは「見ていて悲しい」として、

行けなかった人は行った人の立場になって考えて、昨日行った人は行かなかった人の立場になって考えると、もうちょっと優しくなれるのかなと思うんで、ぜひぜひ考えてみてください。やっぱりより好い関係性を作っていきたいですからね

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(動画)

ジャンル