ディズニーが描いてきたプリンセス像に変化? 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』で明かされる、プリンセスの“意外な条件”とは!?
ディズニーが描いてきたプリンセス像に変化? 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』で明かされる、プリンセスの“意外な条件”とは!?
平成最後の冬休みNo.1映画となる大ヒットスタートを記録している、映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』。このたび、主人公でプリンセスのヴァネロペとディズニープリンセスたちが初めて出会う豪華共演シーンが解禁された。 ヴァ […]

平成最後の冬休みNo.1映画となる大ヒットスタートを記録している、映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』。このたび、主人公でプリンセスのヴァネロペとディズニープリンセスたちが初めて出会う豪華共演シーンが解禁された。

ヴァネロペはインターネットの世界で、ディズニーのキャラクターが集まる人気サイト「OH MY DISNEY!」へ向かい、【プリンセスの部屋】に迷い込んでしまう。パーカーにミニスカートというプリンセスらしからぬヴァネロペを見て、シンデレラはガラスの靴、ジャスミンは魔法のランプ、ラプンツェルはフライパンにベルは本など、それぞれのモチーフを武器にして戦闘態勢のプリンセスたち。戸惑うヴァネロペは「あたしもプリンセスだよ」と言うが、本物のプリンセスだと確かめるため、人間に憧れながら海で暮らしていたアリエルは「海の魔女と取引して自分の声を差し出す代わりに、人間の足をもらったんじゃない?」、夢見がちな白雪姫は「真実の愛のキスはした?」など、プリンセスに必要な条件を次々に質問をしていく。まさにディズニープリンセスへの自虐ネタが満載のユーモアに溢れるシーンとなっているが、ラプンツェルの「じゃあ一番大事な質問。男の人がいなければ何にもできない女の子だとみんなに思われてる?」という質問に、ヴァネロペは「そう!それってムカつくよね」と答えると、彼女たちは“本物のプリンセス!”と認めるのだ。

時代の変化とともにディズニーが描いてきたプリンセス像も変化しているが、とくにヴァネロペは王子様がいるわけでもなく、自分の意志で自分の夢に向かって真っすぐに突き進んでいく。大親友のラルフと友情に危機が訪れても、やりたいことに進んでいくヴァネロペの姿は、まさに現代の女性像を反映させた新しいプリンセス像かもしれない。

プリンセスたちの豪華共演シーンは、プリンセスたちの自虐交じりの発言や、ヴァネロペの毒っ気に溢れたユーモアなど、いろんな意味で“ディズニーここまでやる?”と言える必見のシーンの連続。このシーンが誕生した裏話をフィル・ジョンストン監督は「自虐的な笑いとプリンセスたちを心から敬意を持って描くことのバランスを見出す必要があったけれど、ディズニープリンセスがいる部屋にヴァネロペが行くという発想は、初期の構想からあったアイデアで、とてもユニークで面白いものだと思ったよ。さらにプリンセスの共演シーンは、ストーリーに最高の形で貢献しているんだ。ヴァネロペが成長して大人になってゆく道のりを描くストーリーにおいて、このシーンはヴァネロペの成長にとって不可欠なものとなっているよ」と明かしている。

実はプリンセスたちに敬意を払うため、彼女たちの小ネタも満載。後ろに置いてあるのはプリンセスそれぞれの化粧台で、例えばラプンツェルのところには絵具箱、ベルは本、アリエルは燈台、メリダはクマのぬいぐるみ、オーロラ姫は糸巻など、それぞれのプリンセスが大切にしているものが置かれているというこだわりも。そうしたカメオ出演も探しながら見てみると、さらに面白く本作を観ることができること間違いなしだ!

作品情報

映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』
公開中


監督:リッチ・ムーア&フィル・ジョンストン 
製作:クラーク・スペンサー 
声の出演:ジョン・C・ライリー サラ・シルヴァーマン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2018 Disney. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/sugarrush-ol.html

ディズニーが描いてきたプリンセス像に変化? 映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』で明かされる、プリンセスの“意外な条件”とは!?は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2019年1月6日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME