top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

HiHi Jets・作間龍斗の美しくも恐ろしい秀頼に熱狂!「さすが茶々の息子」

シネマトゥデイ

第45回「二人のプリンス」より豊臣秀頼(作間龍斗) – (C)NHK

 松本潤が徳川家康役で主演を務める大河ドラマ「どうする家康」(毎週日曜夜8時~NHK総合ほか)の第45回(11月26日放送)では作間龍斗(HiHi Jets)演じる豊臣秀頼のカリスマぶりが描かれ、とりわけ二条城での家康との壮絶な駆け引きが大きな反響を呼んだ(※一部ネタバレあり)。

 前話のラストで初登場した、秀吉(ムロツヨシ)と側室・茶々(北川景子)の愛息で19歳に成長した秀頼。これまで秀頼に“代わって”政を治めてきた家康だが、茶々は実権を取り戻す機会を虎視眈々と狙っていた。そんな茶々、秀頼をけん制する徳川は二条城の会見で世を治めるべきは徳川だと知らしめようとするが、息詰まる駆け引きのなか、家康は秀頼にまんまと“してやられる”ことに。

 第44回では秀頼が舞を披露し、雅なたたずまいに「秀頼様美しい」「なんと麗しい」と目を奪われる視聴者が続出。家臣たちとの槍の稽古でも圧倒的な強さを見せ、家康に対する中傷の場面になると恐縮して詫びる妻・千姫(原菜乃華)に「そなたが謝ることではない」と優しくフォロー。パーフェクトなプリンスぶりで視聴者を魅了する一方、二条城では家康を相手に一歩も引かず“マウント合戦”を展開。爽やかな笑みをたたえながら鮮やかに家康に一撃をくらわせるさまにSNSでは「バッチバチだな」「このやり取り怖すぎる」「不穏」「ただならぬプリンス感」「エグすぎる」「狡猾すぎる」「隙がない」「笑顔が怖い」と驚きや戦慄の声にあふれ、なかでも「さすが茶々の息子」の声が多くみられた。

 現在放送中のドラマ「コタツがない家」(日本テレビ系)では主演の小池栄子をはじめ吉岡秀隆、小林薫ら名優たちを相手に、複雑な年ごろのツンデレ高校生を好演する作間。同作ではひょうひょうとしたキャラクターでポーカーフェイス気味だが、「どうする家康」では優雅で柔らかな笑みが特徴。その笑みと思惑のギャップもまた視聴者を魅了している。

 大野治長(玉山鉄二)は「今は亡き乱世の名将たちを思わせる」、家康は「涼やかで様子のいい秀吉」と評する秀頼。ラストでは豊臣が大仏を再建した方広寺の鐘に刻まれたある文言が徳川に衝撃を与え、次週ではいよいよ「大坂の陣」に突入する。(編集部・石井百合子)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル