top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

愛猫の健康を損ねる「間違った歯磨き法」3選 ストレスの少ない歯のケア方法もご紹介

ねこちゃんホンポ

間違った猫の歯磨き方法3選

猫の歯磨きは大切な健康管理のひとつです。しかし、ただやっていれば安心というものではありません。間違った歯磨きの方法も知っておきましょう。

1.強制的な歯磨き

まだ歯磨きに慣れていない猫に対して、無理に押さえこんでまで歯ブラシを使うのはよくありません。たいていの猫はモゾモゾと動いて逃げ出しますが、おとなしく、されるがままになってしまう猫ほどストレスを抱えてしまう原因となってしまいます。

インターネットなどで上手に歯磨きできる猫を見ると、つい焦ってしまうこともあるかもしれませんが、歯磨きは日常的なケアですから、猫も飼い主もできるだけ楽しくできるように工夫しましょう。

優しく声をかけながら「口に触れる」「指で歯を触る」「歯ブラシで口の周りをコチョコチョする」など、ステップバイステップで慣らしていくことが大切です。

2.ブラッシングが強すぎる

猫の歯は人間の歯と違い、前歯から奥歯までのサイズも大きく異なり、不規則な形をしているため、しっかりと汚れを取ろうとしてつい強い力で磨いてしまいがちです。力の入れすぎは歯肉を傷つけ、猫に痛みを与えてしまうことがあります。ですので優しくあててみがくように心がけてください。

広告の後にも続きます

また、これまでの歯磨きをしていない、あるいは歯周炎や口に痛みがある場合は、ブラシがあたることで歯肉を傷めてしまいます。この場合は、歯周炎治療を優先することが大切になりますが、歯磨きをしてよいかどうかは診察した獣医師に相談しましょう。

3.猫用以外のデンタルグッズを使用する

人用の歯磨き粉はフッ素やキシリトールなど猫にとっては好ましくない成分が入っています。人用歯磨き粉は、最後に口をすすぐことを前提に作られていますので、口をすすがずに飲み込んでしまう猫には使用してはいけません。

また、成分自体は有害でなくても、ペット用の中にはどちらかといえば犬向きの商品も少なくありません。犬用のデンタルガムなども注意です。猫の歯に対して硬すぎるものや、猫には危険な「プロピレングリコール」が含まれているものもあります。

歯ブラシも人間用は猫には適していません。猫用の歯ブラシは小さな猫の口に合い、効率よく汚れを取れるような形状になっています。赤ちゃん用歯ブラシは猫の口のサイズにも合いますが、毛の硬さが猫用と違いますので注意が必要です。

間違った歯磨きをしているとどうなる?

歯磨きの最大の目的は、細菌の塊である歯垢の除去にあります。

歯に歯垢がついたままだと、中にいる細菌によって、歯肉などの口腔内の粘膜に炎症を起こして歯周病を発症してしまいます。歯周炎の悪化は痛みを伴うため、食欲低下や歯の脱落、さらには臓器への悪影響もあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル