top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

遭難件数は過去最多 それでも人が「登山」にハマる納得の心理的要因

オトナンサー


多くの人が登山に夢中になるのはなぜ?

【心理】「ごめん」の一言がなぜ言えない? 「素直に謝れない人」の心理状態4パターン

 コロナ禍で閉鎖していた山小屋の再開や健康志向の高まりなどにより、登山人気が再燃しているようです。景色を楽しみながら、ゆっくり山を登る「ゆる登山」という言葉をネット上で目にするようになりました。

 そんな中、登山者の遭難や事故が相次いでいます。警察庁によると、2022年の山岳遭難の発生件数は3015件で、統計の残る1961年以降で最多だということです。命の危険にさらされるリスクがあるにもかかわらず、なぜ登山に夢中になる人が多いのでしょうか。さまざまな社会問題を論じてきた評論家の真鍋厚さんが、心理学者の研究を基に考察します。

自然を「征服」したいという欲望

 新聞やテレビでは、登山者の遭難や事故に関するニュースがほぼ毎日のように報じられています。識者は、登山者の遭難や事故が続出している原因について、体力不足や装備不足といった経験値の低さや過信などを挙げています。

広告の後にも続きます

 しかし、それだけでは物事の一面しか語っていないことになるでしょう。人には、「自らリスクを取る行為に興奮」するという、特異な心理があるからです。

 近年、危険なスポーツや祭りなど、「危険だが快感を伴う行為」を指す「エッジワーク」(edgework)という視点から、人々の矛盾する行動を解明しようとする研究が進んでいます。普段、人は危険を避けますが、ある場合には好んで危険に飛び込むからです。

 そもそも、登山が危険なスポーツであることがあまり認識されていません。転倒や滑落、落石のほか、高低差や気温差による体へのダメージなど、リスクを数え始めるときりがありませんが、知ってか知らずか、老若男女問わず、さまざまな世代の人が山に魅せられています。

 山に登ることそのものに喜びや楽しみを見いだし、人生を豊かにする意図を持つ近代登山は、18世紀に欧州で生まれました。日本では、明治時代以降、少しずつ大衆化していきました。近代登山には、自らの力で山を「征服」し、自然の美を「観賞」するという思想があります。

 このような価値観を背景に、登山の魅力が一般化していったのです。そこには、「エッジワーク」の根本的な要素といえる「自分自身のスキルによってリスクを管理し、対処することから得られる刺激と満足」がありました。


心理学者のマイケル・アプターが示した「外傷ゾーン」「危険ゾーン」「安全ゾーン」

「プロテクティブ・フレーム」がポイントに

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル