top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

巨人が新たにFA獲得を狙う「DeNA・石田健大」に球団OBが「過去の失敗を忘れたのか」激烈苦言

アサ芸プラス

 二度あることは三度あるのか。はたまた、三度目の正直か。今オフの巨人のFA戦略のことである。

 2年連続Bクラスに終わったことで、原辰徳前監督が退任。阿部慎之助新政権でペナント奪回を目指す中、11月に2件のトレードを成立させるなど、積極的な戦力補強に乗り出している。

 巨人は近年、左投げの先発投手不足に悩まされている。今季もグリフィンの6勝が最多だった。それだけに、自身初の2桁勝利となる11勝(5敗)を挙げ、防御率3.25の成績でリーグ3連覇に貢献したオリックスの山崎福也は、ノドから手が出るほど欲しい存在といえる。

 その山崎が国内FA権を行使したことで早速、阿部監督自ら出馬。4年以上の長期契約で、総額10億円程度の大型契約を提示した。とはいえ、ヤクルト、DeNA、ソフトバンク、日本ハム、さらにオリックスも含めた6球団による大争奪戦となっており、獲得できるかどうかは不透明だ。

 そこで、だ。実は巨人が狙っている左投手が、もうひとりいるという。スポーツ紙遊軍記者は、

広告の後にも続きます

「ズバリ、国内FA権を行使した、DeNAの石田健大投手です」

 石田は今季、5年ぶり3度目の開幕投手を務めたが、最終的には4勝9敗、防御率3.97と成績はいまひとつ。だが、貴重な左腕であることから、

「(DeNAから)残留オファーをいただきましたが、他球団の評価も聞いて、悔いのない選択をしたい」

 と話すなど、移籍も視野に入れている。

 石田は人的補償のない、Cランクの投手。阿部巨人にとっては魅力的だが、球団OBからはこんな声が。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル