top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

『シティーハンター』冴羽獠、海坊主、野上冴子……気になる年収や資産はどのくらい?

Real Sound

 北条司原作の漫画『シティーハンター』。1985年から91年に『週刊少年ジャンプ』で連載され、シリアスとコミカルが融合した内容が人気となった。

(参考:【写真】これはほしい! 『シティーハンター』のポップアップストアで販売される魅力的なグッズたち

  また、1987年には日本テレビ系列でアニメ化され、認知度を高める。主人公の冴羽獠を演じた声優の神谷明は作品に惚れ込み、自らの会社を「冴羽商事」と名付けたほどである。そんな『シティーハンター』に人気は令和に入っても衰えることはなく、2023年9月8日、最新映画『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』が公開され、興行収入10億円を突破する人気ぶりを見せている。

 『シティーハンター』は都会の闇にスポットを当てているため、なにかと不明な部分が多いことも特徴だ。そんな「謎」の1つに「どのようにして生計を立てているのか」「年収はいくらなのか」がある。今回はそんな『シティーハンター』キャラの年収を探ってみたい。

■野上冴子 推定年収:500~700万前後

広告の後にも続きます

  警視庁の刑事で、警視総監の父を持つ野上冴子。服の下に隠したナイフを自由自在に操り相手を倒すことのできる格闘能力、正確な射撃、愛車のポルシェ930ターボをプロ並みに乗りこなすドライビングテクニックなど、警察官として高い能力を持つ。

  また、持ち前の色気で男を手玉に取ることにも長けており、「警視庁の女狐」の異名を取る。冴羽獠が毎回「一発」をエサに危険な仕事を請け負ってしまうのは、ご存知のとおりだ。

  冴子は30代女性で警部補ということを考えると、年収は500~700万前後だと思われる。ちなみに冴子の父は警視総監。警視総監の年収は約2000万といわれており、金には全く困っていないはずだ。

■海坊主 推定年収:1億円以上

  冴羽獠のライバルで、親友でもある海坊主こと伊集院隼人。弾丸を跳ね返すほどの屈強な身体、バズーカーを操る戦闘能力を持ち、裏社会では冴羽獠と並ぶ最強の男と称される。

  屈強な身体の海坊主だが、非常に心優しい男で、悩みを抱えた槇村香をさりげない優しさで元気づけることも多かった。また、女性にウブであり、言い寄られると真っ赤になって頭から湯気を出す。奥手の海坊主だが、傭兵時代に育てた美樹に惚れられ、結婚している。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル